鉄鋼団地とバラバラ・・(東京都葛飾区) | コワイハナシ47

鉄鋼団地とバラバラ・・(東京都葛飾区)

残念ながらオレはまったくといっていいほど霊感のない人間なんだが、今から10年位前にたった1度経験した霊体験らしき話を書こうと思う。

オレの住んでいるところは東京湾沿いの葛飾区。

16くらいでバイク乗ってるころからお気に入りの場所があったんだ。

そこはU市にある超有名テーマパークの近くにある鉄鋼団地を抜けたところ。

陰気くさい鉄鋼団地から、いきなりだだっ広い堤防が開けるんだよ。

右手に横浜、左手に木更津と180度広がる東京湾の景色が最高で、当時のオレは学校サボっては広い堤防内にバイクを乗り入れ時速180キロに挑戦したりしてたんだ。

で、20歳になった頃、当時一緒に住んでた彼女を連れて何年ぶりかでそこに行ったんだよ。

彼女は看護婦だったんだけど普通よりちょっと霊感の強い子で病院で怖い体験とかしてた。

オレは最初に書いたとおり霊感まったくなし。

たぶん誕生日とか、記念日だったと思う。二人で外食を終えて

「オレのとっておきの場所に連れてってやるよ」

とクルマを堤防に向けて走らせたとき、すでに22時を回っていたと思う。いつもの鉄鋼団地を抜けてだだっ広い堤防に突き当たる・・・でも何か違うんだよ。雰囲気が。

明らかに当時オレのお気に入りの場所だった頃とはまったく違う、背筋が寒くなるような陰気で澱んだ空気が流れているようだった。

クルマを停車させると斜め向かい側に潰された乗用車が1台。

タイヤを外され、窓ガラスを割られて、ボコボコになったその車の室内には、まるで人が入っているかのように丸められた毛布が入っている。

オレは霊感とかまったくないんだけど、嫌なものは感じていた。

彼女もいやな顔をしながらブルッと体を震わせたりしている。

オレはわざと陽気な声を出しながら車を降りた。

彼女もいやいやオレの後をついてきた。

オレは霊の恐怖とか言うよりもDQNが闇の中に潜んでいていきなり襲ってくるんじゃないかと、そっちのほうが恐怖で周辺をキョロキョロ見回しながら歩いた。

彼女はオレにしがみつくようにして歩いている。

「ほら、すごい景色だろ?」

180度広がった東京湾の夜景を前にオレはわざとらしい陽気な声でそう言って彼女の顔を見た。

そのとき彼女は呆けたように1点を凝視していた。

「女の人がいるよ・・・」

消え入るような声で彼女が言う。顔は恐怖で歪んでいる。

彼女が見ているのは左側100メートル先くらいの堤防の突端。

街灯もなく遠くの船の明かりがぼんやり見えるくらいの真っ暗闇で女が1人で座ってる?

目を凝らして暗闇を見るがオレには何も見えない。

彼女は「白い服を着た長い髪の女の人がしゃがんで海の下を覗き込んでる!」

悲鳴に近い声でそう叫んだ。

そしてその直後大きな声で「頭が痛い」と訴えだしたので、オレは彼女を抱きかかえるようにしてクルマに戻り始めた。

その女はオレには見えなかったけど、クルマに戻る途中でどっかから、飛び出してくるんじゃないかと恐怖でいっぱいだった。

途中のつぶされた乗用車のほうも極力見ないようにしてクルマに飛び乗って急発進させた。

堤防を背中に向けて走り出してもミラーに女の姿が写ってるんじゃないか、女が走って追っかけてくるんじゃないかとしばらくはルームミラーも見れなかった。

彼女は助手席で黙ったまま苦しそうにうつむいている。

そこから2キロほど走って街の明かりが見えてくると彼女の頭痛が嘘のように治まった。

そのとき「あぁ、あそこには何かあったんだな」って思ったよ。

で、後日談なんだけど

1週間後くらいに新聞を見てアッと驚いた。

そこにはあの堤防のテトラポッドに引っかかっていたビニール袋から、女性のバラバラ死体が発見されたことが書いてあった。

オレたち二人があの場所に行ったときそこにバラバラ死体があったんだと思うと急に怖くなった。

あのとき彼女が見た白い服に長い髪の女性が何だったのかはわからないけど

とにかく怖かった。

これは本当に本当の話です。

後から聞いた話ではあそこの鉄鋼団地は以前から心霊スポットとして有名な場所だったとか。

最近同じ場所に行ったらすごくキレイな公園になっていてビックリしましたけど。

怖くない話ですいませんでした。唯一の霊体験っぽい話だったんで・・・

シェアする

フォローする