あたたかい空間(東京都) | コワイハナシ47

あたたかい空間(東京都)

東京都内にあるHさんのマンションでのことである。

Hさんが、立ったまま大きなあくびをした時、右手の先だけが、妙にあたたかい空気に触れた。

「あれっ?」と思ってそのまま右手をそっと戻した。

そこだけ空気の温度が違うのだ。

その部分を見ると、天井の近くに直径二十センチくらいのまるい〝かげろう〟のようなものがある。

そのまわりをぐるりっと手でなぞってみると、やはり〝かげろう〟の部分だけがまわりの空気よりあたたかい。〝かげろう〟の奥に手を突っ込んで、そのまま突き抜けてしまうと、その向こうは普通の室温に戻るのである。

不思議なものがあるな、と思ったが、その〝かげろう〟のようなものはいつのまにか消えてしまった。

それ以降、年に一度か二度くらい天井近くでゆらゆら揺れるまるい〝かげろう〟のようなものを見ることがあるらしい。

しかしなぜか、その〝あたたかさ〟は毎回違うそうである。

シェアする

フォローする