浮気男 八海山その二(新潟県南魚沼市) | コワイハナシ47

浮気男 八海山その二(新潟県南魚沼市)

大阪府在住の会社員・香織さんには、大学時代から付き合っている彼氏がいた。

しかし、彼氏はよりにもよって香織さんの女友達である綾乃さんと浮気をしてしまった。友達といっても、綾乃さんは常に香織さんをライバル視しており、何かにつけ張り合ってきて自分の方が上だとアピールしてくる。香織さんにとっては疲れる存在だった。

香織さんはどうしても彼氏のことを許すことができずに別れた。そして、失恋の痛手を癒そうと旅に出ることにした。

行き先は新潟だ。米どころの新潟は地酒が美味しい。酒豪である香織さんは、飲んで飲んで飲みまくって心の苦しみを和らげようと考えたのだ。

新潟の南魚沼市に向かった香織さん。南魚沼市は有名な地酒である「八海山」誕生の地だ。

香織さんはお酒の味を心ゆくまで堪能した。

香織さんは毎晩飲み歩くうちに(新潟の男は真面目でええなぁ。こっちに移住しようかぁ)などと新たな恋をしたいと思えるぐらい気持ちも回復した。そして、せっかく新潟に来たのだから観光もしようと考えた。

滞在しているホテルの従業員にお勧めスポットを聞くと、霊峰「八海山」を教えられた。

八海山の山頂部である八ツ峰は鎖場や梯子が多く、初心者が登るにはかなりハードである。しかし、四合目付近まではロープウェーで気軽に行くことができるため、観光気分で楽しめるのだ。

香織さんは展望台に立ち、日本海から佐渡島まで広がる眺望を楽しんだ。

そろそろホテルに帰ろうと、香織さんがロープウェー乗り場まで歩いている時、自分好みなタイプの山男の姿を見つけた。たくましい体型に精悍な顔つき。香織さんはドキドキしてしまった。

香織さんと山男の目が合った。その瞬間、香織さんは急に身体が重くなって、立っているのもやっとになった。

(二日酔いで、体が弱ってんのかな?)などと香織さんは気楽に考えていた。しかし、一向に身体は回復しない。大阪に戻ってからも体調不良が続き、会社も休みがちになった。

ある朝、香織さんが鏡を見ていると、自分の肩越しに八海山で見かけた山男の顔が映っているのに気付いた。

香織さんは悲鳴を上げた。そして、まじまじともう一度鏡を見つめた。しかし、そこにはもう山男の顔はなかった。

香織さんは考えた。もしかしたら山男は山で遭難して未練を残している霊で、自分に憑いたのかもしれない。香織さんは体調不良の理由が分かったと思った。

どこか霊を御祓いしてもらえるところはないだろうかと、香織さんはスマホで探し始めた。

その時、インターフォンが鳴った。相手は綾乃さんだった。香織さんのお見舞いに来たという。綾乃さんは、香織さんの元彼氏と浮気したことがばれていると知らなかった。

香織さんは(心配したふりを装っているだけやろ。ほんまは、失恋して傷ついたうちを嘲りに来ただけとちゃうか?)と思った。

香織さんは綾乃さんをきつく睨んだ。その瞬間、肩がすっと軽くなった。同時に綾乃さんの顔色が急に悪くなった。

香織さんは、山男の霊が自分から綾乃さんに移り憑いたと感じた。

その予感は当たった。その日から香織さんの体力はみるみるうちに回復。一方の綾乃さんは体調不良で、現在は床に伏せりがちだという。

除霊ができて、彼氏を奪われた復讐もできて、さぞかし満足しているだろうと思いきや、香織さんは「彼氏だけやなく、山男の霊も綾乃に取られるやなんて! めっちゃ悔しい!」と怒りをにじませていた。

シェアする

フォローする