沙美海岸(岡山県倉敷市) | コワイハナシ47

沙美海岸(岡山県倉敷市)

日本で初めて海水浴場に指定されたと言われる、沙美海岸海浜公園。

夏には多くの海水浴客が訪れ、やビーチバレー大会などのイベント等が行われる、人気観光スポットである。

だが、海水浴場として歴史が長い分、たびたび海難事故も発生している。

安田さんが小学校六年生の頃だった。友達と、友達のお兄さんと、お兄さんの彼女と四人でここに遊びに来た。

お兄さんは高校生で彼女も同い年だったので、当時の安田さんには、かなり大人びて見えた。

だが、途中から二人が口論しているのに気が付き、彼女が怒って、海岸から海に入って、どんどん先に進んで行ったのだ。

どうやらお兄さんが他の女性の水着姿ばかり褒めるので、彼女はイラっときたようだった。もしくは前々から浮気性だったとか、とにかく男女関係が理由のことで喧嘩をしている様子だった。

「もういい!」

お兄さんは、彼女が振り向かずにどんどん入って行くのを最初は茫然と見ていたが、その後、慌てて、お兄さんも「待てよ」とばかりに追いかけていく。

安田さんも友達も、何となくついていかなきゃいけないのかなと思いながら、波打ち際で見ていた。

すると、先に海へと入っていった彼女が、途中から波にのまれて姿が見えなくなった。

「おい!」

お兄さんが叫ぶが、姿がどこにもないのだ。

「あいつ、どこ行ったか見てない?」

と、少し慌て気味に安田さんと友達に聞いてきた。安田さんも彼女が海に入って行く様子を見ていたけれど、ちょっと目を離した隙に姿が消えてしまったことになる。

その後、救護の人に頼んで彼女を探してもらうと、かなり離れた場所で見つかった。

沖合で浮かんだ状態で見つかり、瀕死の状態だった。すぐに救急車で運ばれたが、肺に海水が入り込み、呼吸もままならない状態だったそうだ。

奇妙なのは、海から引き揚げられたときに、その彼女の足に紙が挟まっていたことだ。何かを書いたような紙で、足の指に挟まっていたという。

奇跡的に病院で目を覚ました彼女は、ひどく怯えていたそうだ。

「海の中で多くの人に足を掴まれて引きずられた。だけど、何かが指に絡みついたら、その手がすうっと離れていった」

と話していたそうだ。

後から聞いた話では、妙美海岸で亡くなった人の供養のために、お経が書かれた小さな石が海中に落ちている場所があり、もしかすると彼女の足の指に挟まっていたのは、何かのお札の切れ端かもしれないということだった。

目の前で人の姿が消えたのを見て、安田さんたちは、海では死がいつも隣り合わせだということを思い知った。

また、海岸で写真撮影を行ったら、海から無数の手が伸びているのが写っていたという話もある。彼女の足を掴んだ無数の手は、まだ成仏できていない霊なのかもしれない。

シェアする

フォローする