赤土(神奈川県横浜市) | コワイハナシ47

赤土(神奈川県横浜市)

Y子さんは家族と横浜市内のマンションに住んでいる。

このマンションの玄関から廊下のあたりにかけて、毎年お盆になると、何者かの足跡がつくという。

その足跡というのが、いかにも今まで赤土のぬかるみの中を歩いていて、その土足のまま家に上がり込んだ、という感じのものなのだそうだ。そしてその足跡は三、四歩だけで終わっている。つまりそれはどこからも来ていないし、どこへも行かない。ただ、その足跡は玄関から上がって、家の奥へ行こうとしているのは確かであるそうだ。

その赤土の足跡は、カラカラに乾いているのに、なぜか拭いても拭いても完全には落ちない。

しかしほっておくと、お盆が過ぎるといつも跡形もなく消えてしまうのだ。

マンションの近くには、赤土のある場所などまったくない。

ただ、彼女の父方の故郷である栃木県にある先祖代々の墓は、それと同じ赤土の上にあるという。

シェアする

フォローする