大成町宮野事件 ヒグマの恐怖(北海道) | コワイハナシ47

大成町宮野事件 ヒグマの恐怖(北海道)

大成町宮野事件という事件があります。

1977年に北海道でヒグマが釣り人を食害した事件です。

幽霊とか心霊とか、そういう「お話」ではありません。

被害に遭われた方が亡くなっているので、「怪談」というには生々しすぎます。

ちなみに、上の写真は、コラージュではありません。

2010年10月18日に北海道・網走管内網走管内斜里町の市街地に現れた二頭のヒグマです。(写真=斜里町役場)

小学校の校庭裏のミズナラ林に現れてから街中を徘徊した後、猟友会ハンターに射殺されました。

北海道に生息するヒグマは、大きいものでは体長3m、体重500kgを超えます。そんな動物に小学校をウロウロされてはたまりません。

******

近年になってヒグマと人間の遭遇事故は増加傾向にあり、人身事故も増えています。

明治時代には、多くの人がヒグマに襲撃されました。

中でも苫前三毛別羆(とままえみけべつひぐま)事件は、小規模な天災に匹敵する死者(7人死亡、3人重傷)を出した最悪の獣害事件です。

この事件を題材にした小説はいくつか書かれていますが、中でも吉村昭「羆嵐」は、正直、「わたしの人生で二度と読みたくない小説ベストスリー」にランクインしています。

******

宮野事件は昭和52年(1977)9月23日に北海道檜山管内、久遠郡大成町で起こりました。北海道を魚に例えれば、尾ビレの付け根あたり、日本海側にある町です。

現在は久遠郡せたな町大成区です。道の駅があります。

奥尻島の対岸にある町です。

水産業や農業が盛んな町で、面積は東京23区よりも少し広いです。約87%を山林と原野が占めています。人口密度は1平方キロあたり15.3人。東京23区の人口密度は13,500人ですから、900倍の違いですね。

これ、せたな町の2010年の観光ポスターです。

(せたな町の公式サイトにあります)

写っているのは、チームSTN(せたな)のみなさんです。

20代~40代の町役場の職員さんが、アイドル風のモデルになって、観光資源をアピールしています。7人が手にしているのは、町の特産品のウニ、アワビ、ホタテ、珍味のタコチーズホッケ、焼き鳥(?)などです。ツッコミどころ満…いえ、素敵なポスターですよね……。

******

昭和52年9月23日。大成町宮野。

通称・炭鉱の沢へイワナ釣りに出かけた男性が、突然ヒグマと遭遇しました。

男性は、道路に駐車した車まで逃げてきました。

しかし、車のカギはロックしてあります。

立ち止まって、車のドアを開ける余裕がありません。

当時はキーレスエントリーなんてありません。

ヒグマに追われているので、車の周囲をグルグル回って逃げました。

ぐるぐるぐるぐる…自分の車の周りを。

少しでもつまずいたり、疲れて走るのが遅くなればヒグマに追いつかれてしまいます。

しかし相手は野生動物。

スタミナが違います。

逃げながら、必死に車のドアのロックを開けようとしました。

しかし…ついにヒグマに捕まってしまいました。

たまたま通りかかったダンプカーの運転手が、ヒグマと男性を発見しました。

運転手は、男性を引きずってゆくヒグマを目撃し、

「助けてくれ~!」

という、男性の悲痛な叫び声をも聞きました。

しかし、どうすることもできませんでした。

後方から来た乗用車の男性二人に見張りを依頼して、大成町市街の駐在所までダンプで行きました。

ところが、この乗用車の二人は、恐ろしくなって逃げ出してしまったのです。

警官とハンターたちが現場へ着いた時には、男性は既に絶命していました。体の数カ所を食害されていました。

******

翌二十四日、ヒグマはハンターに襲い掛かり、射殺されました。

体重およそ百三十キロ。

推定年齢六歳のメスのヒグマだったそうです。

被害者の方の恐怖は、察するに余りあります。

自分よりも大きいヒグマに追いかけられ、目の前に自分の車があるのに入ることが出来ず……。

引きずられていき、生きたまま食われ……。

途中で気を失ったことを祈らずにいられません。

ご冥福を、心からお祈り申し上げます。

******

山奥に釣りに行く方は、くれぐれもご注意ください。

「いや、凶暴なのはヒグマだろ」

「ヒグマは北海道にしかいないし」

実はツキノワグマによる事故のほうが多いのです。

平成22年度の人身事件は、ヒグマ3件に対して、ツキノワグマが142件です。

クマは背中を見せて逃げるものを追う習性があるので、出遭ってしまったら、静かに後ずさりすべきだそうです。

死肉を食べる習性もあるので、死んだふりをするというのは自殺行為に近いそうです。

僕にとっては、クマは幽霊よりも怖いです……。

シェアする

フォローする