追い越した物体(宮城県塩竈市錦町) | コワイハナシ47

追い越した物体(宮城県塩竈市錦町)

IさんというOLが、不思議な物を見たという。

これは夕方のこと。

いつもの電車を降りて、西塩釜の駅から家に向かって線路沿いの道をひとりとぼとぼ歩いていた。

すると、銀色の物体が頭上、それも手も届かんばかりのかなり低いところを通過した。線路の上をたどるように飛んでゆき、ぐんと加速すると上昇して消えたという。

あんまり間近にそれを見たので、かなりの細部まで覚えているそうだが、その大きさは四、五メートルはあったのではないかという。

それが頭上を通過した際、音はまったくしなかったそうだ。

シェアする

フォローする