ダルマ神社コーディネーター(千葉県) | コワイハナシ47

ダルマ神社コーディネーター(千葉県)

その後、筆者の体験は様々な書籍に記され、多くの人々に読まれるようになった。地元限定で噂されるだけのマニアックな心霊スポットが、全国的なメジャー心霊スポットになってしまった。ある意味自業自得なのだが、毎年行きたくはなくとも、メディア関連のスタッフを引き連れてダルマ神社に行く事になってしまった。

「山口さんが本に書いたダルマ神社に案内してくださいよ」

毎年夏になると、そんなお願いが多くの編集者やテレビスタッフから寄せられた。東京から近いうえ、地元に筆者のような専門家がいるので、メディアとしては使いやすい心霊スポットになってしまった。

「すっかり、ダルマ神社コーディネーターだよなぁ」

筆者は自嘲気味にスタッフやかみさんにつぶやいた。もはや、ダルマ神社に取り憑かれていたといっても過言ではない。

様々なタレントをダルマ神社に連れて行ったことがある。中でも「E‐girls」が印象的であった。その頃、E‐girlsのメンバーはデビューしたばかりで、あまり知名度が高くはなく、筆者もEXILEの妹分グループとは、ずいぶん後になるまで気がつかなかった。メンバーたちとは、

「こんな気持ち悪いところに来て、山口さん平気なんですか?」

「しょっちゅう来ているからね」

そんな会話をした記憶がある。

鳥居みゆきさんが出演するウェブテレビの番組で、霊能者などを何人か連れてダルマ神社まで撮影に行ったこともある。鳥居さんは現場には来なかったが、取材中は周囲が白い霧のようなものに囲まれ、ずいぶんと気味の悪い思いをした。また、境内では御神木にウンモ星人のマークが何者かによって描かれていた。

「心霊スポットに宇宙人のマークか!? もはやカオスだな」

この取材時に撮影された写真には、まるで悪魔のような横顔が映り込んでいた。

最も嫌な思いをしたのは、文化放送「レコメン」の企画で、芸人のオテンキのりさんと行った現地からの生中継である。文化放送のスタジオには、春香クリスティーンさんがおり、現地との二元中継であった。この時は女の声が聞こえた。

「何か変な声が聞こえませんか?」

のりさんが不安げに筆者に囁ささやいた。確かに中継用のイヤホンから、スタジオの春香さんの声とは違う声が聞こえてくる。

「ほんとですね。のりさん」

筆者の耳にも確かに聞こえている。どうも女の声のようだ。

「女が泣いているような声ですよ」

のりさんは完全にびびっていた。ラジオを聞いていた視聴者の中にも、女の声に気がついた人物が一部いたようだ。

「中継の音声の中に女の声が混入しています」

同行していたスタッフが、震える声で筆者とのりさんに叫んだ。

「これはまずいですね。撤退しましょう」

中継を終えて、ダルマ神社から命からがら撤退した筆者とのりさん。もう二度と境内には行く気にはならなかった。千葉から生放送で霊の声が、文化放送の番組内で流れた瞬間であった。

シェアする

フォローする