異常あり!(千葉県) | コワイハナシ47

異常あり!(千葉県)

千葉県内のテーマパークでYさんと一緒に働いていたF君は、その後ライターとなり成功している。筆者のイベントや出版物も手伝ってくれたことがある心強い後輩だ。

「怪談の聞き取り調査の時、偶然Y君にあったんですか、日本は狭いですね」

F君は不思議そうな顔をして笑った。彼も同じように夜間警備のアルバイト中に奇妙な体験をしている。

ある夜の出来事、各エリアを各担当者が無線を手に巡回していた。F君もいつものように順番に担当エリアを巡回していた。すると無線機が突然鳴り響いた。

「〇〇エリア、木の上に人がいるだけで、異常なし」

(木の上に人?)

夜間警備に出ていた全員がその場に立ち尽くした。

(異常なし、じゃないだろう!?)

全員がそう思った。しかし、無線で報告してしまったために無視はできない。全員で園内を捜索することになった。だが一向に木の上にいるという人物は発見できなかった。

「とにかく、絶対に探し出すんだ」

上司の命令により、くまなくテーマパーク中のあらゆる場所が探索された。しかし、どうしても人物は発見できない。

「君、ほんとに見たのかね?」

「いや、ひょっとしたら僕にしか見えなかったのかもしれません」

このテーマパークには、特定の職員や警備員にしか見えないお客様が度々現れる。

シェアする

フォローする