板張りの部屋(栃木県K市S町 某カラオケ屋) | コワイハナシ47

板張りの部屋(栃木県K市S町 某カラオケ屋)

現在も営業中の某カラオケ店。かなり特徴的な要素を含む為、市名から伏せさせて頂く。

本書の「ドン! ドン! ドン!」でもご体験を提供頂いた田島さんからのご情報なのだが、地元ではここの怪異が既に、かなり有名となっているようだ。

この店舗のある部屋はどういう訳か扉が板で頑丈に塞がれていて、とても不気味な一角となっており、そのお店へ足を運ぶ方によると、時折その塞がれた部屋の中からコール音が鳴り響いてるそうだ……そして何よりおかしな事は、塞がれた部屋の前に何故か防犯カメラが設置されている。これが何を監視しているのかは分からず、取材も申し出たが責任者がいないとの事で、有耶無耶だ。

このカラオケ店の隣のマンションに住んでいる方のお話では、そのマンションは立て続けに屋上から飛び降り自殺があり、その事も地元では有名になったそうだが、実はそのカラオケ店で板で塞がれている部屋というのがまさに、そのマンションと隣り合わせとなっているのだ……関係があるかは定かではないが、実に不気味である。

シェアする

フォローする