廃ホテル 二 佐賀駅近く(佐賀市駅南本町) | コワイハナシ47

廃ホテル 二 佐賀駅近く(佐賀市駅南本町)

「濱さん、佐賀駅の近くにも廃ホテルがあるの知ってます?」

「いや、知りませんでした! ぜひ行ってみたいです!」

「行かない方がいいですよ! あそこはヤバいんで」

そう言って、中本さんが話してくれた体験談だ。

中本さんは写真撮影だけでは満足できなくなってしまい、携帯電話を使って動画を撮影しながらの心霊スポット探索を思い立ったそうだ。

その記念すべき一ヶ所目が、佐賀駅近くの廃ホテルだった。

かなり劣化が進んでいるが、ホテルの雰囲気からして元々はラブホテルだったのではないかと推測できる。

この日の探索は昼間に行っていたため、恐怖心はなかったそうだ。

携帯電話を構えて入り口から侵入する。

何かが腐ったようなに臭いが鼻を衝く。

「うっ」

胃の中のものが込み上げてくるのを感じながらも、グッと飲み込んでこらえた。

一気に暗闇に入ったため、一瞬、目のピントが合わなかったが、すぐに中の様子を見渡せるようになった。

すると、目の前数メートルのところに髪の長い女性の生首が浮いている。干し首のように真っ黒で皺しわだらけのそれは、空中で斜めに傾いた状態でクルクルとゆっくり回転している。

「ふわぁっ」

声にならないような声を上げると、中本さんは逃げ出した。

「携帯動画ですか? 残念ですけど、ピントが合わなくて全く映ってなかったですね。でも、あそこは行かない方がいいですよ」

中本さんの話を聞いて、ぜひとも現地に赴き、この目で生首を見てみたいと意気込んだのだが、行こうと計画する度に、まるで妨害するかのように急用が入ってしまい、未だにその廃虚には足を踏み入れていない。

関連話
廃ホテル 一 イノチャン山荘(佐賀県神埼市神埼町)

シェアする

フォローする