分校の霊(茨城県 県北) | コワイハナシ47

分校の霊(茨城県 県北)

日曜に近所の友達と小学校に行った、月浦さんの小学生時代の話だ。

小学校(県北西部。栃木との県境にある場所)は分校であった。

あそんでいるうちにだれもグランドにいないことに気づき、帰り支度をしていた。

夕暮れがせまり、静かな校舎が印象的だった。

「日暮れが早くなったなあ」と集まって話していた。

ふと校舎をみたら真っ黒の人影が自分たちをのぞいていた。

校舎から百メートルくらい離れていたけれど、その人影は男女の区別もなくまっくろな人のかたちをしていた。

そして上半身だけのぞいていた。

「もうかえろうぜ」

「いこう」

もう一度振り返ると、誰もいなかった。

工事関係もなにもなかったし誰もいなかったのに。

その後この分校は統合されてしまった。

シェアする

フォローする