片車(東京都練馬区) | コワイハナシ47

片車(東京都練馬区)

Nさんは二十年以上も練馬にあるアトリエで創作活動を続けている。

ここで一度だけ、こんな体験をしたという。

ある夜、暗いアトリエで考えごとをしていた。

気がつくと外から聞き慣れない音がしてきた。

重く、硬いなにかがきしみながら転がるような音。

普段は表通りの車の音すら聞こえないというのに、よく聞くとだんだん近づいて来るのか、音がはっきりしてくる。

それが止まったと思うとすぐゴットンと落ちたような音がして、また転がる音になった。

子供の時に見た大八車の音に似ていると思った。

確かに似ているが音が片輪分しか聞こえない。

どうやって転がっているのだろう。とそればかり気になった。

音が止まった。

うちの玄関前だ。

通り過ぎるものとばかり思っていた。

静まり返ったまま何も聞こえない。

玄関へ行ってそっと扉を開けた瞬間、堰を切ったように車や夜の町の音だけが家に入ってきた。

シェアする

フォローする