ガールズトーク(奈良県) | コワイハナシ47

ガールズトーク(奈良県)

数年前のある日、宮地さんは奈良市内のファストフード店で遅めの昼食を摂っていた。その際、隣席の女子大生とおぼしき二人組がすこしばかり奇妙な話をしていたのだという(といっても、片方の女性がほぼ一方的に喋っていたようだが)。

以下は、宮地さんが記憶をもとに記したそのときの会話である。二人組への追加取材がかなわないため、なるべく忠実に再現してみた次第だ。

……のお、ウチの学校にアブないところあるやんか。え、知らんの。図書館の裏手のさ、そうそう、ホームキョクのところに出る場所。あそこに、ちっさい丘あるやろ。

あれな、祟りの丘らしいよ。

オンキョー(学部かなにかの呼称らしい)のクサカベ君な、夜中にあそこの道を自転車引っぱりながら帰ってたんやて。で、あの人タバコ吸うやんか。いや、吸うねん。ほんで、吸い終わったタバコを丘にポイッと捨てたらしいのよ。

そしたら真横から、ガッツーンてトラック突っこんだみたいな衝撃があってな、道路に自転車ごと弾き飛ばされたって。怪我はなかったらしいけど、自転車がボロボロなったて言うてたわ。

でも……おかしいやろ。片方が丘で、反対側が道路やで。その道路に吹っ飛んだということは、衝撃は丘から襲ってきたわけやんか。現に、車なんか走ってなかったらしいし。仮に走ってたとしても、そっち側からぶつかるわけないしなあ。

ほんで、クサカベ君のカノジョがな……ああ、そうそう二年のあの子、ちょっとケバい。あのコが先生から聞いたらしいんよ。

あそこの丘な、すごい昔の偉い人……名前忘れたわ。とにかく、偉い人のお墓なんやて。ワケ解らんでしょ。なんで学校の敷地に墓あんのって。ほんならな、先生が言うにはな、前もあそこを掘りかえそうとした人たちがおってんけど……全員、死んだんやて。

触ろうとした人はみんな、百パー死んでまうねんて。

せやから私な、タツヤに教えたんよ。

あそこの丘な、昔のお宝が埋まってるらしいよ、って。うん、もちろんウソ。

あいつ、私とミキと二ふた股またかけとんねん。気づいてないと本人は思ってるけど、こないだメール見てしもてん。私がバイト入っとる日に、アイツらヤッとんねん。

アホやから信じたんちゃうん。ここ数日、メールしても返信ないもん。

(ここで女性の携帯電話が鳴る)

あ、ユリちゃんゼミ終わったて。ほな、行こ。

(女性たち、そそくさと荷物をまとめ、笑いながら店の外へ出ていく)

【吉備塚】

奈良市の奈良教育大学敷地内にある古墳。古くより奈良時代の右大臣・吉備真備の墓であるとされてきたが、「触れた者には祟りがある」との言い伝えにより、その真偽は長らく明らかにされてこなかった。江戸時代、この場所は田園であったが開墾する者はおらず、一九〇九年に陸軍第五十三歩兵連隊が駐屯した折も塚を崩そうとした者が病に倒れたため、そのまま保存されているのだという。二〇〇二年から二〇〇三年にかけて発掘調査がおこなわれ、木棺二基と六世紀前半のものと思われる太刀や銅鏡などが出土している。本当に、墓だったのである。

シェアする

フォローする