入鹿池(愛知県犬山市) | コワイハナシ47

入鹿池(愛知県犬山市)

「まさか心霊スポットだとは知らなかったんですが……」

ディレクターのR氏はある旅番組で、犬山にある入鹿池の周辺でロケをすることになった。

入鹿池は、農業用の人工ため池として国内屈指の広さを誇り、農林水産省の「ため池百選」に選定された他、池畔には有名なテーマパーク「明治村」もあり、池自体もボートや釣りでにぎわう観光スポットだ。

R氏はアイドル・グループとお笑い芸人トリオをキャスティングした。彼らは明治村を楽しんだ後、池の周辺を散策。そして後半の見せ場として、三隻のボートに分かれて乗った彼らのうち、芸人の一人が池に転落するというハプニングを予定していた。

「あくまでハプニングなので台本にも書かれていませんし、救命胴衣も付けませんでした。ただ、芸人さんには内容を口頭で伝えてありました。芸人さんは泳ぎにも自信があったそうです」

カメラマンらスタッフが近くの別のボートから撮影する中、芸人Aはハプニングを装ってボートの上で立ち上がって暴れ、派手に池へと転落した。

段取りでは、すぐに水面にAの顔が現れて、水を吹き出し、周囲は爆笑! となるはずだったが、Aはなかなか現れない。

粘るなあとR氏も最初は笑っていたが、さすがに池に落ちてから一分を過ぎると焦り始めた。

R氏に急かされて、ADが浮き輪を投げ、自らも池に飛び込んだ。

すると浮き輪に引き寄せられるように、水の中から両手が現れた。ADが腕を引っ張るとAが顔を見せた。その顔は白目を剥いて、真っ青となり、意識を失っていた。

ボートに引き上げられたAは人工呼吸を受け、ようやく水を吐き出した。

目覚めたAによると、池に落ちた瞬間、強い水の流れに巻き込まれたという。水面に上がれず、もがき苦しむ中、濁った水の中にぼんやりと黒い人の影が現れ、肩をつかまれるように、池の底へと引き寄せられた。

遠のく意識の中で、幸い、頭上で音がして浮き輪が見えた。そして最後の力を振り絞って水面に戻ったという。

「あとでプロデューサーから聞いたら、あの池は水難事故が異常に多いし、昼間は観光名所だけど、夜になると心霊現象が多発するって言うじゃないですか。だったらロケが決まった時、最初にそういう場所だと教えてくれればいいんですよ」

R氏は納得がいかない顔でぼやいた。

撮影後のスタジオ編集では、R氏はボートから転落したシーンを丸々カットして納品しようとしたが、プロデューサーが問題視し、結局、社内会議でこのエピソード自体がお蔵入りになったという。

シェアする

フォローする