中国地方 | コワイハナシ47

中国地方一覧

NO IMAGE

感傷、形見(広島市)

感傷(広島市) グラビアアイドルのA子さんは数年前、友だちの紹介でBさんという男性と知り合った。広島に住む人でA子さんの大ファンだという。その人とはなぜか気があった。 ある時など、東京のホテルで開催したパーティーにまでわざわざ広島から駆...

NO IMAGE

電話にでんわ(広島県)

「デートすると、必ず邪魔が入るんだよね」 伊瀬さんのボヤキを聞いた仲間内が、いの一番に思ったことは「なんて命知らずな」。 彼女は明るく元気で気のいい、気っぷのいい姐御肌の広島人である。 ただ、気が短い。 男ができると、できるだけ本性...

NO IMAGE

改名(広島県)

Kさんは、赤ちゃんが誕生した時に改名した。 それは、生まれる少し前に、おばあちゃんが知り合いの占い師に命名の相談に行ったことがきっかけだったという。 その時、占い師がご長男だからと言って命名をした後のこと。 「父親には長生きしてもらわ...

NO IMAGE

初恋のひと~卒業アルバムにいない人(広島県)

東京でひとり暮らしをしていた涼さんは、久しぶりに広島の実家へ帰省すると、高校時代に仲の良かった女だち数人と食事をすることになった。 涼さんは男性だが、むかしから女性のともだちが多い。 十八年ぶりの再会で美由紀さんがアルバムを持参してきて...

NO IMAGE

呉市の友(広島県)

これも戦時中の話で、大輔さんが祖父の常雄さんから聞いた話だ。 常雄さんは第二次世界大戦終盤に学徒出陣で徴兵され、幹部候補生としての訓練を受けることになった。 常雄さんは海軍に所属し、いつ戦地に送られても良いようにと毎日厳しい訓練に励んで...

NO IMAGE

ふたつの煙(鳥取県)

通信会社の代表をやっているKさんという人が、ポツンとこんな話を聞かせてくれた。 Kさんの実家は、鳥取県なのだそうだ。 ずいぶん前のある夏、故郷へ帰った。その夜は友人のお宅に泊まったという。 真夜中、胸苦しさにふっと目が覚めた。 電灯...

NO IMAGE

資料館(広島県)

その年の家族旅行は、広島だった。 万夜さんはお母さんと一緒に市内を巡った。 広島は川の町でもあって、市内には幾筋もの川が流れている。西から太田川放水路、天満川、太田川、元安川、猿猴川、これらの川の両岸と中州に市街地が広がっている。 そ...

NO IMAGE

ヒロシマの子(広島県)

去年、母が死んだんです。 検査した時にはすでに遅く、末期ガンでした。 髪は抜け落ち、全身茶色に変色していました。顔も、手も、足も、まるでミイラのようになっていました。 その母が、死ぬ直前、私の手をしっかりと握りしめ、奇妙な事を言ったん...

NO IMAGE

樹上のひと(島根県)

広島県でデザイン事務所を経営するSさんの話である。 彼は高校一年生の夏休みに、学校が主催するキャンプにいった。 場所は島根県のS山で、二泊三日の行程である。 初日はなにごともなくすぎて、二日目の夜になった。食事のあとキャンプファイアー...

NO IMAGE

【長編】カメの甲羅(広島県)

海の神様の使い 昔から、「ツルは千年、カメは万年」とよく言いますが、実際、とても長生きするらしいです。だからでしょうか、カメは縁起のいい生き物として、世界中の人々に愛されている。古事記などにも、中国では仙人の乗り物として、よく登場します。...

NO IMAGE

石つぶて(広島県)

Oさんは広島県の出身だ。中学の頃は自転車通学をしていたそうだ。 ある日、黄昏の山の中。いつもの砂利道を自転車で下っていると、コンと後頭部に小石が当たった。 「いってえ!」 と思わず声を出して振り返ったが、誰もいない。 それでまたOさ...

NO IMAGE

カーテンのうしろ(広島県)

同じ漫才師のM君の体験である。 ある年の八月のこと。広島での仕事が入って市内のホテルに泊まった。 ベッドに寝ころがってテレビを見ていると、窓のカーテンがぶわっと波を打った。 (窓が開いてる?)と一瞬思ったが、ここはホテルの七階。窓が開...