岡山県 | コワイハナシ47

岡山県一覧

岡山県に関する怖い話、オカルト話、不思議な話、怪談話、都市伝説、心霊スポットなどを集めています

NO IMAGE

御札の家(岡山県倉敷市)

蛇の道は蛇、ということで以前よりお世話になっている住職にお話を伺った。 聞くべき内容は「過去にヤバイと感じた心霊スポットを教えてほしい」である。 彼は顎を擦りながら少し考え、ある場所を教えてくれた。 「育霊神社を知っているか?」 初...

NO IMAGE

御札の家(岡山県倉敷市)

揺れる車の後部座席に寝転がりながら、私は事の顛末を思い返す。 前日明け方までレポート制作を行い、ようやく一区切りが付いて眠ろうとした矢先に部屋の呼び鈴を押された。重い身体を引きずるようにして玄関へ辿り着くと、覗き穴の先にヤマさんの姿が見え...

NO IMAGE

廃納骨堂(岡山市中区)

「私、小さい頃から同じ夢を年に一度は見るんだよねぇ」 大学の同級生である吉田六花が、飲みの席で話を振ってきた。 どんな内容か訊ねると、自分が殺される夢だと言う。 「山奥の坂みたいな、そんな場所を上っていくと廃屋があんの。鉄の扉は壊れて...

NO IMAGE

古城池トンネル(岡山県倉敷市)

当時、岡山県倉敷市にある『古城池トンネル』は有名な心霊スポットだったらしい。 内容を聞くと「車と並走してくる老婆、通称『ジェットババア』が現れる」のだとか。そのネーミングセンスから昭和を感じさせ、検証するのも馬鹿らしいと思ってしまう。 ...

NO IMAGE

キューピーの館(岡山市北区)

「水子供養を知っているか?」 お世話になっている住職宅で、銘菓『大手まんぢゅう』に舌鼓を打っていると訊ねられた。 水子供養……確か亡くなった子供の冥福を祈る風習だったような気がする。 「そう、これは日本独自のものでな。本来『水子』は流...

NO IMAGE

沙美海岸(岡山県倉敷市)

沙美海岸は海水浴場として日本最古、更に〈日本の渚・百選〉にも選出され毎年多くの海水浴客で賑わう岡山県屈指のリゾートスポット。 瀬戸内海の穏やかな海と白い砂浜に囲まれて尚、私の心は沈んでいる。 理由は、あの不思議で不気味な記憶を思い出して...

NO IMAGE

牛窓神社(岡山県瀬戸内市)

これは私が普段からお世話になっている住職の元へ、広島土産を渡しに向かった時の話。 彼の奥様に勧められリビングで待っていると、昼だというのに寝間着姿の住職が現れた。 「地元へ戻っていたらしいな。わざわざ土産まで……気を使わせたな」 よく...

NO IMAGE

心霊物件(岡山県倉敷市)

「最近、同じサークルの友達が引っ越しをしたらしいんだけどさ」 食堂で、ヤマさんが話題を振ってきた。 「そこが『いわくつき物件』で、家賃も破格だったらしい」 いくらなのか訊ねると、倉敷で一〇畳のリビングと六畳の和室、トイレと風呂も別の一...

NO IMAGE

血吸川(岡山県総社市)

住職から相談を持ち掛けられ、言われた日時に御自宅へ伺うと先客が来ていた。小学校低学年くらいの男の子と、その母親である。 「トシ、よく来てくれたな。まぁ座って話を聞いてくれ」 私は部屋に入った瞬間、異様な雰囲気に気付いた。何度もお邪魔して...

NO IMAGE

青い火の玉(岡山県)

岡山県の東南部に、標高差が二〇〇メートル以上ある見事な棚田の集落がある。一帯は深い森と渓流を擁した丘陵地帯で、田を守る人々の家が山肌にポツポツと建っている。 その辺りでは、今は止めてしまったが、誠さんが子どもの頃には灯篭流しをしていた。 ...

NO IMAGE

峠清水トンネル(岡山県)

峠清水トンネル 岡山県に住む大学生の陸さんは《片鉄ロマン街道》にある《峠清水トンネル》を訪ねた。 陸さんはオカルト好きが高じて、ときどき仲間を募っては心霊スポットを探検しに行く。 近頃では、岡山県内の名だたる「スポット」は制覇してしま...

NO IMAGE

のびあがり狸(岡山県)

岡山県の誠さんが高校一年生の一〇月頃、夜、蒲団で眠っていたら、急に眩しくなって目が覚めてしまった。見れば、窓の向こうに青白く輝くものがあるようだ。 頭が丸く、尾の先に向かうに従って細くなる《のびあがり》のような形をしている。 小学生の頃...