千葉県 | コワイハナシ47

千葉県一覧

千葉県に関する怖い話、オカルト話、不思議な話、怪談話、都市伝説、心霊スポットなどを集めています

NO IMAGE

トイレの鏡(千葉県)

千葉県の中学一年生、大山基希さんは、あるとき同級生三人と地元のボーリング場に行った。大型スーパーマーケットのビルに併設された遊技場の中にあり、親子連れの利用者も多く、中学生が遊んでも比較的安全そうな、健全な雰囲気のボーリング場だ。 基希さ...

NO IMAGE

母の夢告げ(千葉県)

生前、拓也さんの母は自分には霊感があると信じており、家族もそれを疑わなかった。 母は、その霊感は水子に関係があるように考えていた節があった。 両親は最初は岩手県の父の実家に住んでいて、そこで拓也さんの兄にあたる子どもを授かったのだが、自...

NO IMAGE

私の死に顔(千葉県)

苦手なご近所さんと顔を合わせるのは気ぶっせいなものだ。澪さんは、近所のイダさんというおばさんが苦手だ。中学生のときに家族に内緒で東京へ遊びに行ったのが、なぜかイダさん経由で親にバレたり、犬の散歩中に野良猫を触っていたら、「猫が好きなの?」と...

NO IMAGE

犬女(千葉県)

この話は、ここでは仮に澪さんとする千葉県在住の二三歳の女性がツイッターに投稿した怪異体験談だ。澪さんは私に幾つかの体験談をご応募されて、その際に、これも紹介してくれた。ご本人の許可を得てリライトしているので、決して盗用ではないことを述べてお...

NO IMAGE

ヤドカリ(千葉県野田市)

かねてより興味があった狼信仰に関連する講演や展示会などが縁で、写真家の青柳健二さんと面識を得た。青柳さんには『オオカミは大神』という全国の狼像に関するフォトルポルタージュや、国内外の棚田を撮影して解説を付けた『棚田を歩けば』といった著作があ...

NO IMAGE

畑の狸くん(千葉県)

千葉県北東部の平野部は、広大な砂浜《九十九里浜》の中央以南を含み、太平洋に臨んでいる。澪さん(※)の生まれ育った町はここにあって、家から車で一〇分少々のところに海水浴場がある。自転車で遊びにいける距離だ。川沿いの道を川下へ走っていくと、道の...

NO IMAGE

グランドオープン(千葉県)

およそ二〇年前に開店した千葉県の某ショッピングモールのこと。 間もなくグランドオープンというときに、そこの社長が一人っきりで視察に訪れた。 深夜に忍んでのことだった。いつものように家に送るものと思っていた社長付きの運転手は、突然の行き先...

NO IMAGE

お題目(千葉県)

「ナンミョウホウレンゲエキョウ、ナンミョウホウレンゲエキョウ……」 澪さんの祖母は日蓮上人を信心していて、それはもう熱心に、朝晩は言うまでもなく、何かあれば時を構わず、お題目「南無妙法蓮華経」を大声で唱える。子どもの頃、澪さんはしょっちゅ...

NO IMAGE

仁王像と猫(千葉県山武市)

千葉県山武市の《浪切不動院》こと成東山不動院長勝寺は、昔、漂流した漁船をこの寺の灯が救ったと言い伝えられており、海の守り神として崇拝されてきた。そもそも行基菩薩が七三一年に海難除け祈願の不動明王を刻んで開基、その後、弘法大師がこの地に移して...

NO IMAGE

握り拳(千葉県船橋市)

Aさんが船橋にある友人宅に招かれた。 親しい女性三人で、久しぶりに長々と話し込んだ。 「私、もうすぐ引っ越そうと思ってるんだけど、誰かここに代わりに住んでくんないかなあ。すごく安いから」とBさんが言う。 「えっ、引っ越してまだ一年じゃ...

NO IMAGE

寿司提灯(千葉県)

Nさんが久しぶりに奥さんとドライブに出かけた時の話。 夜、千葉県の国道を走っていると、奥さんがちょっと夜景が見てみたいと言う。 じゃあ、山の上に行ってみるかと、山道に入った。 単調な山へと登る一本道。それが延々続く。 ここ、どこなの...

NO IMAGE

電気がビリビリ(千葉県)

千葉県の某テーマパークで、夜間警備の仕事についていたYさん。新人研修が終わって数ヶ月が経ち、仕事にもだいぶ慣れてきていた。親しい仲間もできて、仕事が面白くなってきた時期だった。 ある日、不思議な体験をした。その日はとにかく空気が違った。 ...