群馬県 | コワイハナシ47

群馬県一覧

群馬県に関する怖い話、オカルト話、不思議な話、怪談話、都市伝説、心霊スポットなどを集めています

NO IMAGE

身代わり~件にまつわる話~(群馬県)

終戦間際の話である。 S子さんが畑を耕していると、土の中に何か見慣れない物を見つけた。 手に取って見ると、十センチほどの木彫りの観音様だった。 こんな尊いものがどうして土の中に、と手ぬぐいできれいに拭いて胸元に入れた。 その帰りのこ...

NO IMAGE

ゲバラ(群馬県)

三十代の女性Iさんは、群馬県内のスイミングスクールで子供たちに水泳を教えている。そこのプールでは、コーチが指導中に手足を怪我することや、プールサイドで子供が転んで怪我をすることが頻繁に起きていた。そんな矢先、赤帽子(最下級クラス)の六歳の幼...

NO IMAGE

母校の文化祭(群馬県渋川市)

群馬県北部、渋川市出身のY毅さんは、高校時代に軟式野球部に所属していた。二年生のときに文化祭が行われることになったが、運動部は何も発表するものがないことから、お化け屋敷を催す企画を立てた。しかし古株の教師たちから、 「お化け屋敷だと。そん...

NO IMAGE

お迎え(群馬県)

七十歳の男性Mさんは重い病に罹って、病院に入院したが、末期状態でモルヒネの投与を受け始め、身動きもままならなくなっていた。その病院は山の中腹にあって、晴れた日の朝夕は空が実に美しく映える。家族はMさんを少しでも励まそうと、空の写真をスマート...

NO IMAGE

神無月の神社(群馬県)

三十代の女性Lさんは霊が見えるそうだ。数年前の十一月、彼女が群馬県内の山にある有名な神社へ行くと、巨大な岩の前に小柄な痩せた老人が身を横たえていた。眠ってはおらず、ぼんやりとこちらを眺めている。くたびれたカーキ色の上着に、色褪せた灰色のズボ...

NO IMAGE

晩秋の道祖神(群馬県高崎市)

高崎市倉渕町は榛名山の西側に広がる山村で、他にも角落山、剣の峰、鼻曲山などがあって、西端は長野県と接している。道祖神の石像が多いことで知られ、県外から見学に訪れるマニアも多いらしい。三十代の女性I沢さんは、数年前の晩秋に母親と妹との三人で倉...

NO IMAGE

藤岡の怪電話(群馬県藤岡市)

高崎市在住のN子さんは昔、南隣の藤岡市にある宅配ピザ店で配達のアルバイトをしていた。その日、彼女は初めて注文があった家にバイクで向かったが、道が地図とは違っていて迷ってしまった。必ず三十分以内に届ける決まりがあり、こんなときは「すぐに配達先...

NO IMAGE

里山の足音(高崎市安中市)

Zさんの母親の実家は、高崎市の西隣に当たる安中市の郊外にある。その辺りは標高二五〇メートル程度の丘陵地帯で、雑木林が広がる里山であった。 平成の初め、春先のこと。当時小学生だったZさんはそこへ遊びに行き、祖父と兄と三人で雑木林へ山菜採りに...

NO IMAGE

雷との〈ら〉(群馬県)

群馬県には児童教育にも取り入れられている『上毛(じょうもう)かるた』がある。上毛とは群馬県の旧名、上毛野から〈野〉を除いて音読したもので、『上毛かるた』は県内の名所旧跡や名物、歴史上の人物や人間の気質などを詠んだカルタ遊びのことだ。 例え...

NO IMAGE

フットチョーク(群馬県)

群馬県におけるキャベツの生産量は、常に全国第一位を愛知県と競っているが、負ける年が多い。その群馬県産キャベツの九割以上が、吾妻郡嬬恋村で生産されている。嬬恋村は長野県との県境に面した高原で、夏でも涼しく、冬は畑が雪に閉ざされるので、キャベツ...

NO IMAGE

十一番目の客(群馬県)

群馬県北部は由緒ある温泉が多い。例えば北西部の吾妻郡には、草津や四万、万座や鹿沢などの有名な温泉街がある。 二〇〇四年八月、私は吾妻郡の某温泉旅館にて、人生初の百物語の会を催した。『怪談を一夜に百話語れば、実際に怪異が起こる』といわれる百...

NO IMAGE

山奥にいたもの(群馬県)

O崎さんの体験談である。 多趣味でクワガタムシも好きな彼は八月の深夜、群馬県内のある高い山へ昆虫採集に出かけた。そこは舗装道路が山頂近くまで整備されているので、夜でも採集ポイントに入ることができる。駐車場に車を駐めて登山を開始したO崎さん...