茨城県 | コワイハナシ47

茨城県一覧

茨城県に関する怖い話、オカルト話、不思議な話、怪談話、都市伝説、心霊スポットなどを集めています

NO IMAGE

家具付き物件(茨城県土浦市)

祐二さんが三回目の引っ越しをするために、貸家物件に入ったときのことだ。 家具や電化製品もついていて、家賃も格安の物件ということで紹介者に案内された。 その家は2Kになっていて、和風の平屋だった。畳の部屋が二つあり、手前に台所や洗面台、お...

NO IMAGE

迷惑物件(茨城県取手市)

「都内に通える安い物件を探しちゃあ、引っ越してるんですけど、本当に不動産運がないんですよ~僕は。いつも変なのに当たっちゃいます」 と祐二さんは語った。 取手駅は常磐線で都内に出やすいので、利用するサラリーマンが多い。祐二さんもその一人だ...

NO IMAGE

庭のお稲荷さん(茨城県 県央)

庭のお稲荷さん(茨城県) 前の住人がどういう人か、何が起きていたか、考えずに家を借りたことはないだろうか。 茨城県の県央に住んだ本田さんの話である。町は古くから商業も栄えて落ち着いた街並みに情緒がある。少し行くと農村部になり、人も優...

NO IMAGE

幽霊アプリ 常磐線(茨城県県央)

吉野さんが出張のために、都内から常磐線の特急ひたちでいわき方面に行った時のことだった。夜だったのでどこをどう通っているのかわからなかったが、常磐線の終点までの間にあるトンネルにいわくがあるという噂があった。そのトンネルは常磐線ができた頃から...

NO IMAGE

多良崎城跡(茨城県ひたちなか市足崎)

山田さんは城マニアで、特に城跡を調べるのが好きだった。日本中あちこち行くのには愛車の250ccバイクが欠かせない。今回はこの城跡にいくことにした。 辺りに夕闇が迫り始める十六時位の頃だった。国道245号線から奥に行くと「勝田ゴルフ倶楽部」...

NO IMAGE

神隠しの白装束(茨城県常陸太田市)

母が十歳の頃。近所に住む五歳の女の子が姿を消した。大人達が総出で捜したが見つからない。夜になり大人でも入るのが難しい山奥でやっと見つかった。女の子の話によると、綺麗な着物姿の女に連れて行かれたという。皆は狐の仕業だと噂した。ほんの数十年前の...

NO IMAGE

谷田部テストコース(茨城県谷田部町)

谷田部には有名な車のテストコースがあった。カー雑誌の表紙に最高速を競う、車が斜めに走っている写真があるが、それがこの谷田部テストコースで撮られていた。現在は無くなり、傾斜部分のコースだけが残っている。普通に見ると、単なる壁に見えるかもしれな...

NO IMAGE

磔刑場跡(茨城県水戸市)

『通りゃんせ通りゃんせ ここはどこの細道じゃ 天神様の細道じゃ どうぞ通してくだしゃんせ 御用の無いもの通しゃせぬ この子の七つのお祝いに どうぞ通してくだしゃんせ』 この道が昔どんな道であり、その先にどんな地獄が待っていたか、今となって...

NO IMAGE

窓際の女子大生(茨城県つくば市天王台)

T大学の大学生だった拓哉さんの話だ。 向かいにもアパートがあり、女子大生が住んでいた。 拓哉さんの部屋と同じ高さに彼女の部屋がある。カーテン越しに見える向かいのアパートの窓に映るシルエットを見てはあれこれ妄想するのが楽しみだった。 拓...

NO IMAGE

保養所の防犯カメラ(茨城県大洗町)

大洗海岸の近くにはたくさんのホテルがある。その中にはラブホテルもあれば、会社の保養所、そして経営難だったのか廃墟ホテルもある。今は保養所も随分少なくなり、オーナーが替わって経営しているところが多い。 後藤さんが同僚と三人で保養所に泊った時...

NO IMAGE

五浦海岸にて(北茨城市大津町)

「飯食ってから水さ入れよ。餓鬼に喰われっかんな」 これは賢さんが昔から言われていた言葉だった。海や川には餓鬼がいて腹が減った子供の足を引っ張って水の中に連れ込もうとする。水場に入る時は、必ず何か食べてから入れという家の言い伝えがあった。 ...

NO IMAGE

日立鉱山病院跡(茨城県日立市)

日立鉱山が閉山になったのは平成十一年、明治からの産業遺産は今も記念館の中にあり、その頃の山の全盛期を偲ばせる。本山地区と言われるこの鉱山の街は、昭和四十年代には何万人も人が住み、小学校は二千人も通っていた。戦後の復興を支えたのもまたこの産業...