兵庫県 | コワイハナシ47

兵庫県一覧

兵庫県に関する怖い話、オカルト話、不思議な話、怪談話、都市伝説、心霊スポットなどを集めています

NO IMAGE

生首(兵庫県神戸市)

生首 一九九九年から翌年にかけて美容師の腕を競わせるテレビの深夜番組があり、それがきっかけで《カリスマ美容師》なる流行語が生まれた。当時、技術が高く髪型の流行を牽引するカリスマ美容師の店はどこも繁盛したものだ。 遼一さんはカリスマ美容師...

NO IMAGE

朝の行列(兵庫県神戸市)

Sさんが学生の頃の話。 ある冬、Sさんは、彼女を驚かそうと神戸市の山手に向かって車を走らせていた。 彼女はいつも朝早く家を出て、アルバイト先のパン屋さんに通っていた。 早朝、彼女が玄関を出ると、思いもよらぬ迎えの車が来ていて感動!とい...

NO IMAGE

緑のトイレ(兵庫県加古郡)

一九七三年の夏、当時小学三年生の小百合さんは、兵庫県の明石市から加古郡に引っ越した。明石市というところは昔から宅地開発がなされた小都市だが、その頃の加古郡は寂寞とした景色が広がる田舎だった。田畑の合間に板壁に瓦屋根を戴いた古い民家がポツリポ...

NO IMAGE

ゴミ屋敷の主(兵庫県)

住宅街にただよう〝微妙な〟空気 ワイドショーなどで日本全国の通称「ゴミ屋敷」が、頻繁に登場するようになったのは、いつの頃からだったろう。 たいていその家は、自分の敷地内はもちろん、道路にまではみ出してゴミを積みあげている。生ゴミを入れた...

NO IMAGE

101号室(兵庫県西宮市)

Mさんは三人姉妹の末っ子である。 家は西宮市で産婦人科を経営していたが、両親ともに早く亡くなり病院だけが残った。 一番上のお姉さんが近くにある大学の学生の入居をあてこんで、病院をレディスマンションに建て替えた。 もくろみはあたり、部屋...

NO IMAGE

甲山霊園(兵庫県西宮市)

ある高校の剣道部が、西宮市の甲山の近くで夏の合宿を行なった。 合宿中のある夜、肝試しが行なわれた。 場所は甲山霊園。 H君の番になった。 ひとり霊園を歩いていると、目の前の墓石と墓石の間からカッと強い光が射してきた。 そこへヘッド...

NO IMAGE

近道(兵庫県神戸市)

「近道を見つけたぞ」 Aさんは、会社で先輩のHさんにそう言われた。 ふたりは車で神戸市内へ通勤しているが、家が近くなので同じ道を使っている。 「その近道使つこたらな、会社まで早よ行けるで。あしたその道教えたるわ」 先輩は得意になって...

NO IMAGE

夏の跡(兵庫県)

兵庫県にある武庫川での話。 夏、雨が少ない時期、この川は天井川になる。 砂地が多いため伏流水となるので、川が干上がるのだ。 水は泥のたまる淵に集中して、川中の魚もそこに集まるので、夏休みともなると大人も子供も朝から魚捕りで大騒ぎになる...

NO IMAGE

うずくまるもの(兵庫県神戸市)

ある晴れた陽射しの強い真夏の話である。 Mさんが神戸市の山側へ向かって歩いていた。 坂道を歩いていると、いつの間にか人通りが絶えていた。 ふと前を見ると、電柱の下に着物姿の女性が背をまるめるようにしてうずくまっている。 どうしたんや...

NO IMAGE

屋根渡り(兵庫県神戸市)

Y君は小学生の頃、神戸市の山の手に住んでいた。 Y君の家には、よく友だちのU君が遊びに来た。 U君は、二階にある見晴らしのいい彼の部屋で遊ぶのが好きだったからだという。 あるとても天気のいい日。ベランダにいたU君が急に声をあげた。 ...

NO IMAGE

キュウリ(兵庫県)

兵庫県加古川市に住むWさんは、看板の設置作業を仕事にしている。 六年前の夏、四人の作業員たちとある川沿いに車で上流へと遡った。道路脇の設置場所に到着し、作業をしているうちにお昼になった。 下に川が流れているので河原で弁当を食べようという...