九州地方 | コワイハナシ47

九州地方一覧

NO IMAGE

河童の話(宮崎県)

宮崎県西臼杵郡高千穂町は神々の郷である。 以前ここに住んでいたある人物がいる。 今、五十を越えた彼女は、他の土地に居を移した。 海の見えるところに住みたいという夢を叶えたためだ。 そんな彼女が小学生のときだった。 寒かったから、冬...

NO IMAGE

未確認話(宮崎県)

ある人物が宮崎県宮崎市田野町を自転車で走っていた。 ロードバイクでのサイクリングだ。 その日は仲間たちと都合が付かず、単独行である。 ペース配分など自由気ままなので、いつもよりゆったり目のペースだ。 雲ひとつない快晴で、風もさほど強...

NO IMAGE

河童の話(鹿児島県)

鹿児島県内には〈十五夜綱引き〉という祭りがある。 隼人族の月信仰と関係があると言われている。 ツナネリ(綱を綯う)ことから始め、夜はそれを使った綱引き、続いて縄で土俵を造り、相撲を取り合うのだ。 河童伝承が残る薩摩川内市では、〈十五夜...

NO IMAGE

未確認話(熊本県)

ある人物が熊本県阿蘇市方面から、宮崎県高千穂町へ移動していたときだった。 早朝から高千穂町で仕事だったので、まだ暗い道を車で走る。 冷えているな、と彼は思った。が、まだ道の凍結はなさそうだ。 車載の時計は午前五時過ぎ。 この分なら六...

NO IMAGE

予想もしない(鹿児島県)

鹿児島県は、文化的に独特である。 他の地域から観光に来ると、先ず驚くだろう。 そして桜島という活火山が爆発する度に、火山灰が降る。 県民はこの桜島と上手く付き合って日々生活していると言えよう。 また、周囲には数々の島があり、それぞれ...

NO IMAGE

未確認話(大分県)

ある人物が、彼女と大分県で遊んできた帰りだった。 その日は中津市から宇佐市、そして別府市を経由するルートを選んでいたという。 温泉で有名な別府市に着いた頃にはすでに午後十時を過ぎていた。 予定を読み間違えたのだ。 仕方なく国道十号線...

NO IMAGE

海沿い(鹿児島県)

逆瀬川さんの趣味はドライブだ。 大学の友達を誘って観光地を巡ったり、買い物をしたりと目的は様々だが、基本的に車の運転がメインの楽しみであったのは言うまでもない。 近場なら鹿児島市内や宮崎県、遠くは福岡県まで彼女たちは出かけていたという。...

NO IMAGE

決まりごと(大分県)

大分県内の話である。 ただし、プライバシー保護のため、詳細は秘す。 安心院(あじむ)さんという人物が居る。 彼女は四十歳を越えても、結婚することなく大分県内で暮らしていた。 家には両親がおり、三人家族だ。 他、近隣に数軒、親族の家...

NO IMAGE

焼酎(鹿児島県)

九州と言えば焼酎と答える方も多いだろうか。 確かに九州では焼酎の蔵元が常に鎬を削っている。 その土地の風土、原材料、酒造元ごとに特徴があり、バリエーションに富む 酒が呑めるのであれば、一度蔵元探訪などを楽しむのも一興だ。 もちろん、...

NO IMAGE

さるお方(大分県)

大分県と熊本県、宮崎県に跨がる祖母山。 その祖母山の大分県側の某所で、辛島さんのお祖父さんはひとりで暮らしていた。 今から約五十年前辺り、昭和の時代だ。 お祖父さんがまだ二十歳そこそこ、両親と死に別れた頃の話である。 家は今では考え...

NO IMAGE

そこにある(大分県)

大分県と言えば、温泉であろう。 由布市湯布院町や別府市などが有名だ。 別府市には〈地獄巡り〉という温泉がらみの観光スポットもある。 熊脇さんは三十代で、温泉好きの男性だ。 と、同時に単独行のトレッキングやハイキングも好んだ。 自然...

NO IMAGE

遠い親族(鹿児島県)

鹿児島県と言えば、島津氏を思い浮かべる人も多いだろう。 鎌倉から江戸時代にかけて続いた薩摩の大名家である。 武事・軍事を尊び、勇猛果敢。 加えて、有能な歴代党首が多かったため「島津に暗君なし」と称されていた。 と言いつつ、籤で戦略や...