車・バイクの話 | コワイハナシ47

車・バイクの話一覧

NO IMAGE

人を轢く(宮城県仙台市)

――人を轢いてしまいました。場所は……。 一一〇番に寄せられた通報を元に、県警本部から指令が入る。 「またか」署員からはため息が漏れた。行かない訳にはいかないが、どうにも腰が重い。 ある時期を境に、その警察署には同じような通報が寄せら...

NO IMAGE

通報(神奈川県逗子市)

Sさんたち三人が神奈川県の逗子にドライブに行った日のこと。 夕方友人のマンションに着いたものの、別れがたくて、そのまま敷地内の広場に車を停めたまま、車内で話しこんでいた。 どれくらいたっただろうか、「おい、そこの車の人」、という声がする...

NO IMAGE

車(宮城県、岩手県)

数年前、Sさんが仲間と車でスキーへ行った時の話。 車は仙台市から岩手の安比高原スキー場に向かって走っていた。 その道の途中、あまりにゆっくり走っている車のうしろについた。しばらくはそのまま走ったが、我慢できなくなり追い越した。 しばら...

NO IMAGE

ドライブ2編(大阪府)

ドライブその一(大阪府河内長野市) 十年ほど前のこと。 主婦のE子さんは、知り合いの男性一人を加えた四人で河内長野のあるお寺に参拝した。 すると住職に「この上に八十八カ所の地蔵尊がお祭りしてありますよ。どうぞそちらにもご参拝くだされ」...

NO IMAGE

ラブホテルの鏡(福島県)

福島県在住のコウジさんは、私のイベントにも足を運んでくれるような怪談好き。 その日も、友人たちと怪談話に花を咲かせていたという。 その中の一人が「とっておきの話」として披露したのが、地元の有名心霊スポットにまつわるエピソードだった。 ...

NO IMAGE

車に乗ってもいいですか?(群馬県)

二十代の男性M井さんは飲食店で働いている。六月の夜、彼は仕事が終わってから他の若い従業員と六人で心霊スポットへドライブに行くことになった。車はM井さんと、Uさんという男性がそれぞれの愛車を運転する。あとの四人は若い女性で、二人ずつ二台の車に...

NO IMAGE

並走するモノ二編(東京都)

並走 その一(東京都) あるタクシーの運転手さんから、こんな話を聞いた。 真夜中の道を都心から府中へ向かって空車で走っていたところ、どういうわけか、周りに車がなくなった。後にも先にも車の姿はないし、対向車もない。 (ひょっとして警察が...

NO IMAGE

碓氷峠と鹿の丁字路(群馬県安中市)

碓氷峠は群馬県安中市松井田町坂本から長野県北佐久郡軽井沢町へ抜ける山道で、かつては中山道の難所として知られていた。現在は国道十八号の旧道と、その南にバイパスや高速道路が通じている。また、以前は旧道の近くをJR信越線が通っていたが、既にこの区...

NO IMAGE

ダークブルーの国産車(群馬県高崎市)

高崎市在住のUさんは、かつて新婚の妻と両親との四人で暮らしていた。彼の父親は車が好きで、決まって三年ごとに贔屓にしている国内メーカーの新車を買う。しかも借金が大嫌いで、必ずキャッシュで買うのである。長年勤めた職場を定年退職したあとも、ダーク...

NO IMAGE

足だけ(北海道小樽市)

白葉君が小樽にいた頃の話である。 翌年の卒業を待つばかりとなった高校三年の冬、白葉君は仲のいい友人の家に入り浸る日々が続いていた。受験を控える友人達に比べ、既に就職も決まり、白葉君は文字通り悠々自適の日々を過ごしていた。 当時、白葉君が...

NO IMAGE

蔵王にて(宮城県 蔵王)

琢原君がスキーに行ったときの話である。 今から三年くらい前、琢原君は友人達と連れだって蔵王ヘスキーに出かけた。 山の奥へ進むにしたがって、野山や道路に積もる雪の量は次第に増えていった。 「そろそろチェーン巻こうか」 チェーンを装着す...