子どもの話 | コワイハナシ47

子どもの話一覧

NO IMAGE

山野夜話(抄)第八夜(東北地方)

「おがしなごどって言えば、太郎さに起きたごどほど、訳がわがんねえもんもねえべなァ」 食後の一服を堪能しながら、佐竹さんは語り始めた。 「鉄砲ぶちの腕前だけは、大したもんだったんだげどなァ」 佐竹さんの自宅から車で数分の山の麓に、小さな...

NO IMAGE

山野夜話(抄)第六夜(東北地方)

「そういえば、あの童の話をせねばなんねえべなァ」 佐竹さんの学校には、所謂ガキ大将が存在していた。 その名を、勇吉といった。 勇吉は数年前に東京からこの町に引っ越してきた、身体の大きな子であった。 周囲の子達と比べると身体の大きさば...

NO IMAGE

山野夜話(抄)第四夜(東北地方)

「そういえば、大分昔にこつけな話もあったずなァ」 大分酔いも回って上機嫌になったのか、時折小唄を唄いながら、佐竹さんは若い頃の出来事を語り始めた。 佐竹さんの自宅から十数分歩いたところに、大分前から住人を失い、廃墟になっている一軒家があ...

NO IMAGE

夜中に響き渡る泣き声(栃木県鹿沼市)

鹿沼市在住のTさんが中学生の時に体験したお話。 学校の近くには小さいトンネルがあるのだが、そのトンネルの近くに住む友人Hの家に泊まりに行った時の事……。 そのトンネルの傍には川が流れていて魚が捕れる為、Hが昼間に魚の罠を仕掛けたから夜に...

NO IMAGE

黒いマント(山形県)

山形県のある村でのこと。 このあたりは冬になると三メートルもの雪が積もる。 そこで十二歳の少年が新聞配達をしていた。当然のことながら、いくら雪が積もっても新聞に休みはない。 冬場の配達は想像以上につらい。 ある朝もびゅうびゅうと吹雪...

NO IMAGE

夏休み~深夜の学校のプール(静岡県)

渋谷に、ドリンク代を払えば何時間でもゲームができるというカフェバーがあった。 これはその店の常連の幸一さんから聞いた話だ。 幸一さんがまだ小学生のころのこと。夏休みになると静岡県にある祖父母の家で過ごすことが恒例となっており、その夏もお...

NO IMAGE

ビー玉(東京都)

津軽三味線デュオ「神山兄弟」の神山卓也さんが同級生の貴志君から聞いた話だ。 貴志君が小学生だったころのこと。 学校からの帰り途中に道端で泣いている女の子を見つけた。 おそらく四、五歳くらいだろう。 放っておくこともできなかったので「...

NO IMAGE

影法師(群馬県前橋市)

群馬県の県庁所在地である前橋市は、かつて〈詩の都〉であった。〈スーパースター〉萩原朔太郎をはじめ、〈前衛アナーキスト〉萩原恭二郎、〈偶成の詩人〉高橋元吉、〈朔太郎の研究家としても知られる〉伊藤信吉などの有名詩人を輩出しただけでなく、朔太郎と...

NO IMAGE

高僧Tさんの話(大阪府、和歌山県)

翡翠色(和歌山県) Tさんと親しい人たち数名が高野山へ登った。 途中、弁天堂がある。ここへお詣まいりしようということになっていた。 高野山系の寺院が密集する場所の入口に、女人堂という御堂がある。そこから右に行く山道をとって、四、五十分...

NO IMAGE

かおりちゃん(大阪府)

N君が五歳の時、ある夢を見た。 自分と同じ年頃の女の子がいる。ピンクのワンピースに肩までの髪の毛。名前をかおりちゃんと名のった。そのかおりちゃんと夢の中で何かおしゃべりをした。 このかおりちゃんが毎年一度か二度、夢に現れる。そのたびに何...

NO IMAGE

黄色のレインコート(群馬県甘楽郡下仁田町)

群馬県西南部に位置する甘楽郡下仁田町は、稲作に向かない山村だが、水はけの良い、南向きの傾斜地が多いことから、下仁田ネギとコンニャク芋の栽培が盛んである。下仁田ネギは一般的なネギよりも太く短く、辛くて生食には適さないが、火を通すと甘みが出て柔...