崖の話 | コワイハナシ47

崖の話一覧

NO IMAGE

足摺岬(高知県)

ブティックを経営しているOさんの話である。 五年ほど前、彼は父の実家がある高知県へ家族で旅行にいった。 足摺岬には、父のいとこが建てたというジョン万次郎の銅像がある。それを見にいこうと、Oさんたちは足摺岬を訪れた。 その日は、朝から雨...

NO IMAGE

誘う声 城ヶ崎海岸 (静岡県伊東市)

「城ヶ崎海岸」はごつごつと荒々しい岩肌の断崖絶壁が連なる岬。サスペンスドラマのラストシーンによく使用される岬と言えば、その風景が目に浮かぶ人も多いのではないだろうか。 伊東市に住む明さん・美津江さん夫婦は、東京から遊びにきた大学生の姪・慶...

NO IMAGE

錦ヶ浦の女 (静岡県熱海市 錦ヶ浦)

数年前、私が通っていたヨガ教室で仲良くしていた真美さん。私が静岡の怖い話を集めているという噂を聞いて、自らが体験した霊現象をメールで送ってくれた。 真美さんの許可を得て転載する。 私には付き合って三年目の恋人がいました。いつかは彼と結婚...

NO IMAGE

見えるようになった(大阪府)

私は大阪で『バーチャル百物語』というラジオ番組のパーソナリティをしていた。現代の怪談を語ろうとするものである。 ある収録の日、Tさんというレコード会社の人が番組の見学に来た。ところがディレクターの隣で彼が私のいるブースの隅を指さして、なに...

NO IMAGE

決意こそが近道(青森県)

ある男がいた。 男はとうに死を決意している。 色恋のもつれか、借金に苦しんだか、生きていけないほど心の傷を負ったか。 何にせよ、これから死のうとしている。 男は、夜の海に身を投げるつもりでいた。 誰にも気付かれず、飛べばいい。 ...

NO IMAGE

私の代わりに・・(福井県)

あれは俺が10歳の頃だっただろうか・・・ お盆で凄く暑かった 福井って雪国のイメージがあるが 夏は半端じゃなく暑い おじさんが奥さんと一緒に遊びに来てて・・・ 暑いからってんで川に泳ぎに行こうってなって ハタオリって淵に泳ぎにいった。...

NO IMAGE

腕返して(福井県坂井市 東尋坊)

私の地元は自殺の名所で有名(?)な三国東尋坊なのですが、親戚のおじさんがそこで消防団に入っていました。 消防団と言っても火事を消しに出るよりは、東尋坊からの飛び込み自殺死体を引き上げる方が多かったみたいです。 今はどうか知らないけど、以...

NO IMAGE

沖縄の母子(沖縄県国頭郡恩納村)

沖縄県の恩納村は、海、山、川、湧水に恵まれた土地を活かして、古くから稲作を行っていた。そのため琉球王国の中でも有力な集落のひとつとなり、一七二六年(享保一一年)には尚敬王が家臣を率いて訪れた。 村人たちは、王を随一の景勝地に招いて歓待の宴...

NO IMAGE

地球岬の断崖と遊郭女郎の霊(北海道室蘭)

「地球岬」とはアイヌ語の「断崖」チケウという言葉をもじって来ている。この地域は「ポロ・チケウ」と呼ばれ、「親である・断崖」という意味だ。 ここは美しい海が見渡せる観光名所となっている。 だが、自殺の名所だったことも忘れてはならない。 ...

NO IMAGE

馬ヶ背 浮気相手への呪い(宮崎県日向市細島)

日豊海岸国定公園の南端に位置し、柱状節理のリアス式海岸は大迫力で、福井県の「東尋坊」に勝るとも劣らないと言われている。中でも「馬ヶ背展望所」の断崖絶壁は、高さ七十メートルにも及び、圧巻のスケールであるのだが、やはりというか、自殺の名所として...

NO IMAGE

断崖 おせんころがし (千葉県勝浦市)

勝浦の西端から鴨川にまたがる、高さ約100m、長さ約4kmの断崖には、通称「おせんころがし」という不思議な名がつけられています。 この奇妙な名の由来は諸説がありますが、そのいずれも、「孝女おせん」という若い娘の悲話が語られています。物語は...