歴史の話 | コワイハナシ47

歴史の話一覧

NO IMAGE

本山寺と日立鉱山(茨城県日立市本山)

本山寺は、日立鉱山の中にある曹洞宗のお寺である。 この鉱山を「本山」と呼び、小学校や中学校も本山の名前がついていた。 昭和に閉山してからは、人口が減ってしまった。ここで働く鉱夫の家族が住むアパートが、何棟もあり、寺の前の道を上がった先も...

NO IMAGE

佐白山の恐怖体験(茨城県笠間市笠間)

笠間市にある『佐白山』は標高百二十八メートルの小高い山だ。遠い昔、山頂には笠間城がそびえていた。この山自体が城であった。 歴史を紐解くと、戦国時代は笠間氏の居城から始まる。その後、関ケ原の戦いの後から蒲生氏、松井松平家、小笠原氏、戸田松平...

NO IMAGE

皆殺しの村~小生瀬村伝説(茨城県大子町高柴)

大子町の国道を袋田の滝の方面に走り、山道を抜けてさらに国道461号線を通り小生瀬の十字路を超えると左側に『地獄沢入り口』の看板が見える。 その立て看板の道を上がり、道なりに進むと数軒の大きな農家の屋敷が見える。細い道をそのまま進むと、元の...

NO IMAGE

片野城と太田道灌(茨城県石岡市)

太田道灌の四代後の岩槻城主の太田資正は、太田道灌をとても尊び、猛将だった。しかし、側室の次男を跡取りにしようとしたため、息子と家臣のクーデターで城内を締め出された。岩槻の入り口すべてを封鎖し、一度仕事のため外に出たお父さんが、家に入らせても...

NO IMAGE

切っ掛け(栃木県 合戦場)

取材で栃木へ訪れる際、ひと際目につく駅名があった。 「合戦場」駅。一五二三年(大永三年)宇都宮忠綱と皆川宗成軍との戦「河原田合戦」に由来しており、戦死者を弔う塚などもある。何やらアグレッシブな名称だが筆者がこの地へ降り立った日はお祭りで子...

NO IMAGE

怪音 花沢城跡(静岡県焼津市)

利枝さんには霊感がある。と言っても、強いものではなく、何かの気配を感じる程度のものだが……。 ある日、利枝さんは友人と二人、焼津市の「花沢の里」に出かけた。花沢の里は古い街道の面影を残す、地元でも人気のハイキングコースだ。 「花沢城跡」...

NO IMAGE

神職(福岡市博多区)

〜元寇に纏わる話〜 福岡市博多区 東公園での出来事から数日後、セイメイさんに古くからの友人である浦山さんから電話がかかってきた。 浦山さんは某歴史ある神社の息子で、昔から不思議な力を持っている男だった。 「お前最近酷い目にあってないか...

NO IMAGE

桜島の噴火(鹿児島市)

世界有数の火山大国である日本は、有史時代から度々大噴火によって大きな被害を受けてきた。いわば、火山災害は日本の宿命ともいえる。 日本に多くある火山の中でも、現在も盛んに活動を続けており、激しい火山として世界的に知られているのが桜島だ。 ...

NO IMAGE

竹の瀬戸(鹿児島県伊佐市大口鳥巣)

鳥神山の麓を流れる平出水側に、「竹の瀬戸」と呼ばれる淵がある。 この付近には昔、島津・菱狩の両軍が戦った古戦場「鳥神尾」がある。 鳥尾峠の戦いは永禄十二(一五六九)年に起こった。 島津軍と菱刈軍はこの地で戦ったのだが、島津方の罠にはま...

NO IMAGE

オットイ嫁女(鹿児島県)

遥か昔、封建時代には強い階級意識が存在し、人が結婚するにしても同じ階級同士でなければならなかった。 結婚すること自体も、親の権限が強かったために、両親の承諾なくしては結婚することができなかった。なので、同じ集落内で結婚することが多く、集落...

NO IMAGE

牛と祭り(鹿児島県)

豊作祈願のために田ノ神をお迎えし、稲作の全過程を氏子たちが演じる模擬呪術を一般的に春祭りと呼ぶ。 鹿児島県でも古くから春祭りは行われていたのだが、その中でも鹿屋市有形文化財に指定されている「カギヒキ神事」と、鹿児島県無形文化財に指定されて...

NO IMAGE

平松神社 (鹿児島市吉野町)

鹿児島の参拝行事の一つに、「心岳寺詣り」というものがある。 心岳寺詣りは、十六代島津義久が弟の島津金吾歳久の菩提を弔うため、福昌寺十八世・代賢和尚を勧請、慶長四年(一五九九)、帖佐郷の飛び地、平松に建設した寺だ。 明治二(一八六九)年の...