お地蔵さんの話 | コワイハナシ47

お地蔵さんの話一覧

NO IMAGE

茶屋町怪談(大阪府)

MBSラジオの人気番組「茶屋町怪談」の出演依頼が来た。 出演者の皆さんが豪華で、そのうえ私は緊張するとテンパって、どもる癖があるので、どうしようかなと思っていたところ、某怪談師さんから「田辺さんは意外と図太いし無神経だから大丈夫ですよ。そ...

NO IMAGE

己斐峠・中村家(広島市西区・佐伯区)

広島の心霊スポットにおいて、最も有名といっても過言ではない場所、それが己斐峠(こいとうげ)である。 『広島で免許を取ったら山賊へ向かい、己斐峠には近付くな』という名言があるが、これは隣県である山口県の有名飲食店「山賊」まで辿り着けば一人前...

NO IMAGE

地蔵盆の夜に(大阪府)

私が住んでいる町内には、二体の地蔵尊が祀られている。 一つは「焼け跡地蔵」と呼ばれている、空襲後の焼け跡から掘り出された地蔵尊で、もう一体は空襲時に忽然と路中に現れて、身を挺して爆風から逃げ惑う人を庇ったという話と、お堂の場所で風向きが変...

NO IMAGE

たたり地蔵(大阪市)

大阪市内の川沿いにある地蔵堂でこんな話を聞いた。 詳しい場所は伏せてほしいと言われているので、明記はしない。 その地蔵堂には賽銭箱もなく、お堂には二つの南京錠が取り付けられている。 由来書きもないのに、何故か近隣に住む人はその地蔵を拝...

NO IMAGE

ごて地蔵(大阪市北区)

移動させようとすると障りがあるモノの話は、大阪に沢山ある。 例えば、他の怪談本の中でも書いたことがあるけれど、梅田の駅から少し歩いた所の、曽根崎警察署にある「ごて地蔵」がそうだ。 梅田はもともと湿地帯を埋め立てて田畑にしたので「埋田」と...

NO IMAGE

首なし地蔵(北海道)

北海道のある湖岸の道路に、ひとつのお地蔵さんがある。 Aさんは若い頃、暴走族仲間と随分無鉄砲なことをやっていた。 ある時、仲間たちとこのお地蔵さんの近くに車やバイクを停めてひと休みしていた時のことだ。 度胸試しをやろうということになっ...

NO IMAGE

おんぎゃあ栃木県(栃木県 憾満ヶ淵)

憾満ヶ淵は日光名所の一つで、男体山から怒涛の勢いで流れ出る大谷川の水流が見事な岩肌を形成している小渓谷だ。まるで滝を横にしたかのように濁々と流れ岩肌に響き渡る川音が不動明王の呪文のように聞こえるという事で、この地を開いた晃海大僧正が不動明王...

NO IMAGE

ドライブ2編(大阪府)

ドライブその一(大阪府河内長野市) 十年ほど前のこと。 主婦のE子さんは、知り合いの男性一人を加えた四人で河内長野のあるお寺に参拝した。 すると住職に「この上に八十八カ所の地蔵尊がお祭りしてありますよ。どうぞそちらにもご参拝くだされ」...

NO IMAGE

晩秋の道祖神(群馬県高崎市)

高崎市倉渕町は榛名山の西側に広がる山村で、他にも角落山、剣の峰、鼻曲山などがあって、西端は長野県と接している。道祖神の石像が多いことで知られ、県外から見学に訪れるマニアも多いらしい。三十代の女性I沢さんは、数年前の晩秋に母親と妹との三人で倉...

NO IMAGE

十三佛 (福岡県八女郡)

もう10数年前の話だそうである。 当時、職人見習いをしていた田中さんは、同じ見習い生たちと下宿生活を送っていたそうだ。 休みの前日になり、今日の夜は皆でどこかへ出かけようということになって、飲みに行くもいいし、ナンパするもいいし、どうし...

NO IMAGE

罰当たり (福岡県北九州市小倉南区)

この話は、前話と同じ菅生の滝が舞台である。 だが、体験者は横山さんという30代男性で、彼が10代の頃の話だ。 当時の横山さんに怖いものなどなかった。 廃墟に侵入しては落書きをする、目が合えば喧嘩をするし、「餌やり」と称して、ホームレス...

NO IMAGE

お久しぶりね(東京都杉並区)

小学校高学年の頃、荻窪に洋館らしい三階建ての立派な建物があったんです。 でも、誰も住んでいない。 その時、肝試しみたいな感覚で、仲間三人と中に入ると、中央にはまるで映画『風と共に去りぬ』に出てきそうな大きな螺ら旋せん階段がある。 二階...