タクシーの話 | コワイハナシ47

タクシーの話一覧

NO IMAGE

汲めども尽きぬタクシー怪談(茨城県)

東京に近い茨城県の、さほど大きくない町に住むベテランタクシー運転手の沖さんは、時折、 「客層が、わるい」 ……と、直感することがあるという。といっても、乗り込んできた恰幅のいい中年男性が、実はヤの字のつく職業であるとか、こいつは乗り逃げ...

NO IMAGE

緑のタクシー(兵庫県西宮市)

Yさんの自宅は、西宮市の山の手にあった。 山道から一本脇道を入った突き当たりにその家がある。 ある週末の夜、婚約者が遊びに来た。ベランダから夜景を見ながら、一緒にお酒を飲んでいた。 そのうちお酒がなくなったので、下のコンビニに買いに行...

NO IMAGE

並走するモノ二編(東京都)

並走 その一(東京都) あるタクシーの運転手さんから、こんな話を聞いた。 真夜中の道を都心から府中へ向かって空車で走っていたところ、どういうわけか、周りに車がなくなった。後にも先にも車の姿はないし、対向車もない。 (ひょっとして警察が...

NO IMAGE

タクシーの乗客(大阪府高槻市)

あるタクシーの運転手さんから、こんな話を聞いた。 深夜の十二時を過ぎた頃、京都市内でひとりの女性を乗せた。 「高槻方面へ行ってください」 三十歳前後、色白の髪の長い細身の女。 話しかけてもずっと俯いたまま、何も言わない。 そのうち...

NO IMAGE

【長編】タクシーにまつわる3つの怪(岩手県)

タクシー その一(岩手県) 体験者から場所を明かさないという条件で、書かせてもらうことになった。 Nさんは、去年からここ○○市に単身赴任で引っ越してきた。 「まさか、こんなタイミングで辞令が出るとは思ってませんでした」 とても不満そ...

NO IMAGE

確認 (北九州市小倉南区)

北九州市でタクシー運転手をしている牧さんから聞いた話。 ある日の夜、繁華街を流していると、道路脇で1人のスーツ姿の男性が手を挙げている。 スピードを落として車を端に寄せ、停車してドアを開ける。 「〇〇神社でお願〜い」 車内に倒れ込む...

NO IMAGE

幽霊は水が好き(東京都、千葉県、沖縄県、広島県、三重県)

タクシー(東京都) 幽霊は水が好き、というよりも、水が霊と深く関係していると僕は思うんです。 例えば、人は死ぬ時に、 「末期の水」 と言って、水を少しだけ飲ましてもらう。 もうこれで二度と生きて返れないかもしれない、というような時...

NO IMAGE

タクシー(東京都)

モト冬樹のマンション タレントのモト冬樹と番組が一緒になったとき、楽屋で、 「金造さん、俺の住んでるマンション、何かおかしいんだよ。一度遊びにきてくださいよ」 と言うものだから、さっそく行ったんです。時間はけっこう遅くて、夜の一二時を...

NO IMAGE

路地の女(東京都)

外食関連の会社に勤めるJさんの話である。 七年前の冬だった。 その日、彼は出張で上京して取引先との会合に出席した。 先方の接待で何軒かはしごをし、タクシーに乗ったのは午前一時をまわっていた。 宿泊先のホテルは夕方にチェックインしてあ...

NO IMAGE

千日前大火災後のタクシー(大阪市中央区)

大阪の千日前でたくさんの犠牲者を出した大火災があったことを覚えていらっしゃる方もあるだろう。 この大火災のあといろいろな噂があった。死んだはずのお得意さんが店に訪ねてくるとか、真夜中の事故現場に買い物かごを持ち子供の手をひいた主婦がいたと...

NO IMAGE

上熊本の森の闇(熊本市中央区上熊本)

タクシー運転手の水野さんは、霊を信じない性格だった。全部嘘だと思わないと深夜タクシーなんてやってられないと言い、話始めた。 「これも多分、見間違いと思うんですがね」 真夏の深夜2時くらいだった。熊本の終バスが行ってしまうと、タクシーが活...