都市伝説 | コワイハナシ47

都市伝説一覧

NO IMAGE

夏の教室(青森県弘前市)

これは〈こっくりさん〉の話である。 青森県弘前市には他県市町村の例に漏れず、こっくりさんに纏わる有名な逸話がある。その逸話はある学校でほんの数十年前に起きたことなので、当時現職の教師だった、或いは学生だった方もほとんど存命で、私が何人かか...

NO IMAGE

引きずり女(千葉県)

都市伝説で「引きずり女」という話がある。学校でいじめにあっていた女の子がある日、トラックに轢かれて亡くなってしまう。その後、その死んだ女の子が現代妖怪の「引きずり女」となって、いじめっ子を次々に襲い復讐するというストーリーだ。この妖怪の恐ろ...

NO IMAGE

六甲の〝うしおんな〟(兵庫県芦屋市)

「牛女の話、聞いたことないか?」 私がある後輩に聞いたことがある。彼もいわば芦屋の近辺に実家があるというので、なんとなく聞いてみたのである。 「えっ、〝うしおんな〟の話を知っているのですか?」 と、逆に聞かれて、私自身が驚いたのを覚え...

NO IMAGE

ひとりかくれんぼ(福岡県)

「ひとりかくれんぼ」とは、2006年ごろにネット掲示板「2ちゃんねる」で詳細な方法が紹介され、実際に試した人々から怪現象が起こったなどという体験談が書き込まれて、広く知れ渡っていった降霊術の一種だ。 最近でも動画サイトには、いくつものひと...

NO IMAGE

テケテケ (福岡県田川郡添田町)

「テケテケ」をご存じだろうか? 都市伝説として語られる妖怪、もしくは亡霊のことである。 元々は、北海道で電車事故にあって体が真っ二つになった人がいて、寒さのあまり血液が凍ってすぐには死ねず、上半身のみでしばらくの間生きていて、死後、亡霊...

NO IMAGE

ベッドの下の男の姿(東京都、大阪)

カマ男(東京都) 最近、ひとり暮らしの若い女性が、ある日突然何者かに襲われ、惨殺されるという凶悪な事件が多発していますね。しかも犯人はつかまっていない。 ニュースやその他の報道では、必ずこう言います。 「犯人は一体、いつ、どこから、ど...

NO IMAGE

羅生門と彼岸花(京都府南区)

京都府南区唐橋羅城門町といえば、平安京の表玄関・羅城門のあった所で、現在は児童公園の中に羅城門跡の石碑が建っている。この界隈は洛中と呼ばれる古くからの京の町だが、一九六一年生まれの伊藤浩さんが子どもの頃には田畑もあり、夜道はたいそう暗かった...

NO IMAGE

降霊怪談顛末記 こっくりさん(東京都)

この本では、端書で久しぶりに自分の体験談を綴らせていただいた。そこで最後も私自身のエピソードで締めようと思う。 ごく最近の出来事だ。 二〇一八年八月半ば、超常現象研究家で作家の住倉カオスさんや怪談師としてもご活躍中のDJ・響洋平さんが発...

NO IMAGE

うずくまるもの(兵庫県神戸市)

Fさんというライターが、こんな話をしてくれた。 「ただし、話せるところまでですよ」という断りが最初にあった。 『新耳袋』第一夜の〝むじなを見た人〟を思わせる、奇妙な話である。 Fさんは、神戸市に住んでいたことがある。その神戸市のある区...

NO IMAGE

われめ君とわれんちゃん-こっくりさん(福岡県)

誰しも子供の頃に、一度くらいはコックリさんをやったことがあるのではないだろうか。 深雪嬢もそんなどこにでもいる子供の一人で、遅くまで放課後の教室に残って「コックリさん、コックリさん、出てきたなら〈はい〉の所に来てください」なんてことを、十...

NO IMAGE

狐憑き(愛媛県 宇和島)

怪談と言えば、コックリさんと並んでポピュラーな狐憑き。これは、狐憑きの本場・四国は宇和島のお話である。 多岐川さんのおばさんは、その頃東村山に住んでいた。宇和島出身のおばさんはあまり身体が丈夫なほうではなく、少し心臓が弱かった。 当時、...