妖怪の話 | コワイハナシ47

妖怪の話一覧

NO IMAGE

河童のミイラ(和歌山県)

Oさんの実家は和歌山のK町にある。 この町の近くに河童のミイラがあるというお寺がある。 ミイラは、両膝ひざを抱えてうなだれるような恰好をしている。 そのお寺には境内を経て、町へと流れる小川がある。 この小川に隣接する最初の民家に、あ...

NO IMAGE

お弁当狐(北海道)

北海道の厚沢部に中山という名の峠がある。 この峠道のどこかに山菜の宝庫があるのだそうだ。 ここをただひとり知っている人の話。 三年前の春。その人は籠を背負って山の中に入った。 山菜を籠に集めていると、いつからいたのか横を四、五歳の子...

NO IMAGE

船頭狐(岩手県)

Dさんが岩手県で出会った話である。 友人とふたり、四輪駆動の車で遠野市を目指していた。 急いでいたためか、気がつけば、まったく知らない山道を走っている。 なんとか地図にある道に出ようとしているうちに、ざっと目の前が開けて頂上に出た。 ...

NO IMAGE

かぶそ(石川県)

北陸の話。 Iさんのおばあさんが若い頃、というから大正あたりの話かもしれないという。 ある冬、おばあさんは石川県の富奥村から金沢の近江町市場へ、香箱蟹を買いに行った。 市場で蟹を買い、藁わらを編んだ網に入れて家路に着いた。網からはまだ...

NO IMAGE

毛皮の怪(栃木県宇都宮市某団地内)

少し前まで解体業者をしていたGさんのご体験。 宇都宮市内の団地で、ある古びた家屋を解体工事した時の事。 内装材の撤去をしていた日の午後、近くで作業をしていた若い新入りの声で「うわっ」と声が聞こえてきたので、Gさんは慌てて「どうしたんだ」...

NO IMAGE

川内(せんだ)ガラッパ(鹿児島県)

都内でタクシーに乗った。 運転手さん相手に「奇妙な体験したことないですか?」などと聞いていると「私、鹿児島県川内市の出身なんですけどもね。そこに川内川という川が流れてまして、昔からそこに河童がいるって言われてるんです。それが地元ではガラッ...

NO IMAGE

化け物になってしまった(千葉県)

身内の幽霊と言うものはあまり見たいものではない。しかし、筆者は何度かそのような経験がある。船橋の自宅を新築したばかりの頃、寝室で寝ていたとき突然目が覚めた。かすかに奇妙な気配を感じた。 (誰かに見られている) そんなふうに感じた。ネガテ...

NO IMAGE

かっぱVS妖怪大戦争(千葉県銚子市)

二〇一七年夏、「山口敏太郎の妖怪博物館」はお台場から撤退し、銚子市にあるカッパハウス二階に移転した。理由は簡単である。お台場のテナント料が高く、銚子はテナント料が安いからだ。 「山口さんの妖怪博物館が移転してきたので、休眠中だった『カッパ...

NO IMAGE

天狗と会った男(千葉市)

Tさんはラジオの製作会社に勤めている。彼と初めて会ったのは数年前のラジオ番組の収録の時だった。某大手企業がスポンサーを務める某FM番組に出た筆者は、出演を終えた後、親しい放送作家と雑談に興じていた。すると、その放送作家が奇妙な話をはじめた。...

NO IMAGE

吉村さんが見た妖怪(東京都)

妖怪その一(東京都) 「一度だけ、妖怪を見たことがあるよ。何て名前なのかは知らないけどね」 現在、家電メーカーに勤めている吉村さんが、大学生の頃の話である。 当時、吉村さんは気の置けない仲間三人と、よくドライブへ出かけていた。 「彼...

NO IMAGE

【長編】座敷わらし二編(岩手県)

座敷わらし その一 岩手県をテーマとして怪談を語るとき、座敷童子を避けて通ることはできないだろう。 民俗学者・柳田國男氏の『遠野物語』に「この神の宿りたまふ家は富貴自在なりといふことなり」という記述がある。 これが所謂、座敷童子のこと...