東北地方 | コワイハナシ47

東北地方一覧

NO IMAGE

弥生の空に(山形県)

――ねぇ、あれ何?何か飛んでるんだけど! 五十メートルほど先の角を、ふわりふわりと飛んでいく。 白くて、ひらひらとした。布のような見た目の。 風など少しも吹いていないと言うのに。 この場所、この季節にしては暖かな、昼下がり。 丁度...

NO IMAGE

鏡台(宮城県仙台市)

今は独身になった工藤さんの体験談である。 その昔、夫と仙台市内の社宅に住んでいた頃の話だという。 「おい、何で夕べは助けてくれなかったんだ」 起きてくるや否や、御主人が工藤さんに詰め寄った。 何があったのと訊けば、こんなことを話し始...

NO IMAGE

下宿の近くの道(青森県弘前市)

弘前大学入学を機に、和江さんは居を北海道から青森へ移した。 今も昔も弘前大学の近くには下宿が犇めき合っている。 和江さんは大学まで自転車で十五分ほどの距離にある下宿に住んでいた。 下宿に隣接した家に管理人一家が住んでいて、管理人はお願...

NO IMAGE

岩木山(青森県弘前市)

弘前市は一方通行の道や行き止まりが多いように感じられる。 小道はどこも緩やかなカーブを描いていて、目的の場所へまっすぐ進んでいるつもりが実は少しずつ離れていっている、なんてこともある。 もっとも、「ある」と言い切るには私は極度の方向音痴...

NO IMAGE

引っ張る夜二篇(青森県)

コウタ、タモツ、ハジメ。 高校生のヤンキー三人組だ。 その晩は、コウタの家にタモツとハジメが来て、ファミコンで遊んだ。 コウタの部屋は寝泊まりが可能で、タモツに至っては半同棲状態と言っても差し支えがないほど、しょっちゅう寝泊まりしてい...

NO IMAGE

湯治場にて(秋田県)

仙台市に住む紘子さんが、秋田県のとある温泉へ旅行した折の体験談である。 ここには、自然研究路という散策路がある。 すさまじい勢いで噴き出す源泉、含有成分で黄色くなった岩、立ち込める蒸気と硫黄の匂いに地球の息吹を感じられることで人気のスポ...

NO IMAGE

踏切(青森県弘前市)

青森県弘前市内のとある踏切を車で通過すると、車体を叩かれるような音と揺れがあり、車体にたくさんの小さな手形が付く。 という談話を以前取材し、執筆したことがある。 この話は地元の話であることと内容がイメージしやすいことから、その後の取材で...

NO IMAGE

初ドライブの思い出(青森県)

仙台市で暮らす主婦の中野さんは青森県出身なのだそうだ。 その中野さんが地元で暮らしていた、二十歳の頃の出来事である。 新車を買った。その年に登場したばかりのホンダ・フィットだった。 当然、どこかへドライブに行きたくなる。 男友達二人...

NO IMAGE

同じ傷(東北地方)

Tさんは本書の愛読者だという。 ある日、扶桑社版の『新・耳・袋』を古本屋で買って帰った。 〝一晩で百物語を完読すると怪異が起きる〟ということを期待して、実行の日を楽しみにしていた。 それは、当時の本書が全百話を収録していたからだった。...

NO IMAGE

トンネルの男(宮城県仙台市)

仙台市在住の竹山さんは、商用や帰省の折に常磐道を使用する。 その経路上、茨城と福島の県境に近いトンネルがどうにも気味悪いのだという。 深夜、仙台への帰り道。独りきりのドライブであった。 通行量は少ない。自車のライトだけがアスファルトを...

NO IMAGE

ラブホテル(宮城県仙台市)

仙台市に住む篠井さんが、二十年近く前に体験した話である。 当時付き合っていた彼氏と、友人カップルとともに遊園地へ出掛けた帰路のこと。 時間も遅いので、どこかで泊まろうという話になった。 山形県境にほど近いそこから、仙台市内へ向けて車を...

NO IMAGE

パジャマパーティー(宮城県)

宮城県に住む、有田さんが体験した話である。 まだ実家で暮らしていた頃。 その日も、有田さんは金縛りに遭った。 「も」というのは、当時よくあったことだというのだ。 和室に置いたベッド。 夜休んでいると、前触れもなく身体の自由が利かな...