宮城県 | コワイハナシ47

宮城県一覧

宮城県に関する怖い話、オカルト話、不思議な話、怪談話、都市伝説、心霊スポットなどを集めています

NO IMAGE

ナッちゃん(宮城県仙台市)

仙台市在住の根古田さんが、女子高生時代に体験した話である。 夏休みも終盤に差し掛かったある日。 彼女が所属する美術部は合宿に行くことになった。 向かったのは宮城県北部、三陸沿岸のとある町。 二泊三日の行程で民宿に泊まりこみ、スケッチ...

NO IMAGE

おともだち(宮城県)

私の友人、高木の話である。 高木の実家は、宮城県某所でペンションを経営している。 両親ともに都会の人間なのであるが、当地の自然の美しさに惹かれ、移住してきた。高木はそこで生まれ、育った。 ところで、このペンションには、「何かがいる」の...

NO IMAGE

あしおと(宮城県仙台市)

仙台の繁華街・国分町で働く柴田さんの家には、「出る」という。 彼女は仕事を終えると、食材を買って帰宅するのが常である。時刻は、深夜の二時から三時頃。階段を上がり、薄暗い廊下を行き、鉄の扉を開ける。 蛍光灯に照らし出される、フローリング敷...

NO IMAGE

人を轢く(宮城県仙台市)

――人を轢いてしまいました。場所は……。 一一〇番に寄せられた通報を元に、県警本部から指令が入る。 「またか」署員からはため息が漏れた。行かない訳にはいかないが、どうにも腰が重い。 ある時期を境に、その警察署には同じような通報が寄せら...

NO IMAGE

雨降りの女(宮城県)

宮城県のとある町役場には数年前の一時期、こんな通報が相次いだ。 「雨の日になるといつも、女の幽霊が立っている」 「気味が悪く見ていられないので、操業をやめさせてほしい」 いずれも、ある工場の近隣住民からであった。 その工場では、副業...

NO IMAGE

映し出される(宮城県仙台市)

仙台市在住の会社員菊池さんの、お母さんによる体験談である。 十五年ほど前の夏のこと。 マンションの窓を開けたまま、眠りに就いていた。 どのぐらい眠ったかも定かでない頃、ふと意識が浮上した。 全身がベッドに張り付いたように、身動きを取...

NO IMAGE

青と白(宮城県)

宮城県在住の工藤さんが、二十年ほど前に県北部で体験した話である。 当時彼女は看護学校の学生だった。 授業を受ける学舎と実習を受ける病棟とを結ぶ渡り廊下から、中庭を見下ろした。 中庭には担架が置かれ、水色の寝巻をまとった男性が横たわって...

NO IMAGE

入りたい(宮城県)

宮城県在住の、マヤさんの体験談である。 二十年ほど前、県内の女子高に通っていた頃の話。 「じゃーん」 友人のハルが、自慢げに携帯電話を取り出した。 当時発売されたばかりの、動画撮影ができる初めての機種だ。 「折角だからここのみんな...

NO IMAGE

定説通り(宮城県)

宮城県に住む、有田さんが体験した話である。 二十年近く前、彼女が高校を卒業してまだ間もない頃のこと。 友人の一人が、自動車免許を取った。 〈折角だから、みんなでどこかへ出掛けたい。とはいえ、仙台の街中を走るにはまだ不慣れである。さりと...

NO IMAGE

boy meets girl(宮城県)

麻生さんが、大学生の頃に体験した話である。 朝七時半。試験監督のアルバイトのため、麻生さんは仙台市内へ向かっていた。 国道四号線、岩沼付近。片側二車線の幹線道路である。 麻生さんが運転するミラージュの右側を、大型トラックが並走する。 ...

NO IMAGE

車(宮城県、岩手県)

数年前、Sさんが仲間と車でスキーへ行った時の話。 車は仙台市から岩手の安比高原スキー場に向かって走っていた。 その道の途中、あまりにゆっくり走っている車のうしろについた。しばらくはそのまま走ったが、我慢できなくなり追い越した。 しばら...

NO IMAGE

担がれた友人(宮城県)

中学校の教師である島田さんは今から二十年ほど前、大学生のころに取った行動を今でも悔やんでいる。 当時、仲の良い友人といつも三人でつるんでは遊んでいた。特にそのころ、夜中に心霊スポットへ行くことにはまっていた。 その夜も三人は、島田さんの...